ひねおのコツコツ投資日記

30代会社員のコツコツ投資日記です。

2018年12月分の積立投資を実施

昨日は、ダウが1000ドル以上戻したそうですね。とはいえ、長期的な積立投資では何度も遭遇しそうなのでいつも通りです。

 

今回は、

①eMAXIS slim 米国株式(S&P500)

②eMAXIS slim 全世界株式(オールカントリー)

を積立しました。

バラバラだったスリムシリーズをひとつにまとめて、S&P500はiFREEシリーズから、コストが安いものに設定を変更しています。

 

これで2018年分は終わりましたので、あと19年です。

 

急反発に対する雑感その1(自動売買)

米中問題や年末のポジション整理、パウエル解任疑惑など原因は色々あったと思いますが、株価の急落が起こりました。

と思ったら、昨日はダウが急反発し、1000ドル以上の上げになっています。

ダウが上げたので本日はいつも通り日経平均も追随するでしょうね。

こんなにも大幅に上下するのはアルゴリズムに基づいた自動売買が原因ではと言われています。

長期積立投資には日々の株価の変動は無視なので、影響ありませんが、そもそもの値動きが激しくなってることを知っていると落ち着いていることができそうです。

 

急反発に対する雑感その2

広瀬氏のコラムを読んでいると相場の天井で起きやすいこととして、ブルトラップが挙げられています。

マーケット|SBI証券

2月の大幅な調整からの伸びはこのブルトラップだったのではと考えています。

今回の急反発は、下げ止まってから反発する要因がよくわからないので、先ほどの自動売買とそろそろ下げ止まるから買いだろうという投資家の心理的な側面からなのかと推測しています。

個人的には株価このまま再び強く上昇することにはならず、値動きが激しくなりつつも横ばいで推移し、じわじわ下がっていく…そんな展開を予想しています。

 

国内は2020年はオリンピックもあるので2019年の半ばぐらいから誰もが意識をし始め、消費税が増税し、好景気の終わりを予見することから、日銀のETF買い支えにも関わらず、さらに株価は下がっていく。

そんな感じなのかなと考えています。悲観的です(笑)