ひねおのコツコツ投資日記

30代会社員のコツコツ投資日記です。

cis本を読んだので感想

日経平均を一人で動かせる男、cis氏の本を読みました。タイトルは「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」です。

 

本書は半ば自伝的な内容になっていますね。手法のようなものはありませんが、どう考えて何をしたのか…というようなことが軽い文体で書かれているので読みやすいです。一気に読んでしまいました。

 

書中の「その時間の株価を動かしているのは僕なのにニュースが勝手に理由付けする」には爆笑でした。パワーワードすぎるし。あぁ、ニュースってこんなもんなのかなと。

 

率直な感想を言えば、凄すぎ&スタイルが違いすぎで、まるで別次元の世界の話でした(笑)

参考になる…人はほとんどいないんじゃないかな。cis氏は小さい頃からギャンブルに親しんできたいわゆる勝負師、ギャンブラーなので、平和にサラリーマンやって、合間で投資している自分のような凡人とは何もかもが違います。

任天堂のような指数に組み入れられていない一万円以上の大型株が指数に組み入れられた場合全部買うとか、財力的にも、妥協的にも普通は全部買えないです(笑)

株式投資というゲームのプロなんだと自分は思いました。

 

ただ、損切りについてはとにかく早くと書いてありました。ほとんどの人間は利確が早く損切りが遅いから損失が広がってしまうと。

長期投資だからと言って持ち続けることもいいとは思うんですが、明らかに高値で買ってしまったら、一旦損切りして安値で買い直すことも必要だなと思っています。間違えはもちろんあるので勝率を上げてトータルでの勝ちを目指す

ということです。

 

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学