こつこつインデックス投資で資産形成

30代会社員のインデックス投資&日常の日記を書いてます。

服の定番化を考える

節約は投資資金を捻出するのに避けて通れません。長く使えるものをリーズナブルに手に入れるのがポイントでしょうか。

自分は2年前から投資を始めましたが、お金の使い方がまったくと言っていいほど変わっています。

お金の使い方が変わるということはライフスタイルが変わったことを意味しています。

すなわち価値観の変化と言えます。投資資金を捻出したいという気持ちが自分の価値観を変えた。これだけでも投資を始めるって人に大きな影響を及ぼすと思います。

以下に自分が始めた節約を列挙します。

 

①格安SIMに変える

②家電は壊れるまで買い換えない

③車は持たない

④電力・ガスは安い会社を選ぶ

⑤無駄な飲み会に行かない

⑥映画はレイトショーだけ

⑦全てクレジットカードで決済する

⑧毎月買うものは定期お得便を使う(おむつ・水等)

といったところでしょうか。

 

小さい子供がいることもあり無理に長期の旅行やスノボに行くこともなくなりました。

その代わりに、会社の福利厚生を使って1泊や日帰りで旅行を楽しんでいます。長期間のドライブや乗車ができないのでちょうどいいです。

 

そして服についてです。

今は昔ほど服を買っていませんが、買うものが変わってきました。

今までの自分の服を買うスタンスは、マネキンが着るような流行の形・色の物を好んで着ていました。もともとコーディネートがわからないので、マネキンを真似して買うのですが、そういった服は翌年になると明らかに流行遅れで着ることができなくなります。

着れない訳ではないですが、気恥ずかしくて着ないだけです。

そうすると1シーズンしか着れないのでコストパフォーマンスが悪いです。明らかに着ない服はブックオフに売りに行きますが、二束三文にしかなりませんね。

ということでオーソドックスなものしか買わないようにしています。

基本スタンスは以下の通りです。

・春 カーディガン+(ロング)Tシャツ・(カラー)ジーンズorチノパン

・夏 Tシャツ+ディッキーズハーフパンツ(お気に入り)

・秋 春と同じ

・冬 セーター+(ロング)Tシャツ・(カラー)ジーンズorチノパン

これに、アウターがブルゾンとダウンジャケットとコートだけです。

ジーンズはユニクロかGAPでセールの時にしか買いません。

トップスとアウターは見栄えにかなり影響するので、きちんとしたものを選びます。

ですが、アウターはきちんとしたものを買うとずっと着れますね。ここでもやっぱりオーソドックスなものを選ぶことが長く着れると言う観点では大切になると思います。

靴も、あまりにも安いものを買わないようにしていて、1万程度のスニーカーをいつも履いています。

これもあまりにも安いと履き心地とデザインがやはり悪く、持ちも悪いです。

そして、インナーはすべてユニクロです。エアリズムだとかヒートテックだとか高機能のものは買いません。擦り切れてしまえば使えないので、1枚1,000円のヒートテックのシャツよりも綿の3枚1,000円のシャツを選んでいます。

おしゃれな人でなければ、これで十分だと思います。

個人的な経験ではいくら服にお金をかけても、話が楽しかったり、気が効いて相手を楽しませなければ異性にはモテません(笑)

最低限の清潔感が出ればいいのかなと思います。

メリハリをつけてこれからも節約に励みたいと思います。