こつこつインデックス投資で資産形成

30代会社員のインデックス投資&日常の日記を書いてます。

今年も基本給が上がりました

f:id:yougattamove1:20180626082302j:image

今年も昇給しました

うれしいことに今年も基本給が上がりました。

今の基本給から8,800円の増額です。

これは、素直にうれしいです😆

毎年きちんと昇給させる会社の方針はありがたいです。

 

ところで何をした訳でもない(仕事は黙々と効率的にこなしているつもり)のに、毎年昇給されるのは助かります。

世の中の流れ的に、サラリーマンはダメでフリーランスはいい!副業最高!みたいな感じですが、サラリーマン並みに稼ぐのって自分からしたらほぼ不可能なんじゃないかって思います。

 

サラリーマンを堅実にやってお給料を貰いつつ、好きな事をしたり、自分の知識を世の中に発信してマネタイズしつつ、余ったお金は運用に回す。

これが誰でもできる、資産形成の公式と感じます。

 

基本給があがっても注意!

ところでパーキンソンの法則というものがあります。

パーキンソンの法則(パーキンソンのほうそく、英: Parkinson’s law)は、1958年、英国の歴史学者・政治学者シリル・ノースコート・パーキンソン(英語版)の著作『パーキンソンの法則:進歩の追求』、およびその中で提唱された法則である。役人の数は、仕事の量とは無関係に増え続けるというもの[1]。

具体的には、

第1法則  仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

第2法則  支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

の二つからなる。

ウィキペディアより

 

要するにあるもの全部使ってしまうのが人間ですよーという事ですね。

基本給が上がるにつれて生活水準を上げたのではキリがありませんし、お金もたまりません。

 

基本給で上がった部分は、素直に毎月の投信つみたてを増やすか、もしくは別口座に分けて、初めからなかったものとして扱うといいと思います。

 

自分は昨日は給料日でした。

基本給アップに喜び、奥さんに内緒で昼から焼肉を食べて散財してしまいました。

大変申し訳ございません。