こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住30才会社員のインデックス投資日記&米国ETF投資日記です。沢山雑記も書いています。

ニッセイTOPIXインデックスファンドの実質コスト

保有している「ニッセイTOPIXインデックスファンド」から第3期の運用報告書が届きましたので、実質コストの報告させていただきます。

 

f:id:yougattamove1:20180410002253p:plain

純資産残高は150億円となりました。

今期も分配金は0円のまま継続をしています。

騰落率は分配金再投資ベースで 16.0%になります。

 

f:id:yougattamove1:20180410002330p:plain

実質コストについては、信託報酬が、0.194%のところ0.203%です。

ニッセイはそこから更に信託報酬報酬を0.159%まで下げてきていますね。

監査費用については定額で0.01%が信託報酬と同様に保有しているだけでかかるコストです。

毎日これは、信託報酬と同様に差し引かれます。上限が0.01%ということです、これは知りませんでした。

f:id:yougattamove1:20180410002507p:plain

現在の組入上位10銘柄です。

自動車、電気機器、銀行が目立ちます。

 

インデックスファンドは、コストと指数との乖離率で良し悪しが決まってしまいます。そう言う点で、インデックスファンドは差別化ができない非常に厳しい環境です。2〜3社しか資金は集められないと思います。

ネット証券を利用する方については、eMAXIS Slim一択だと思いますが、実質コストやコンマ数%の信託報酬の差を意識しないというのもまた事実です。

純資産の伸びを見ると購入・換金手数料なしと明記したのは、とてもいい作戦だったと思います。