こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住30才会社員のインデックス投資&米国ETF投資日記です。

実家暮らしの新社会人こそ積極的に投資をすべきだ!

f:id:yougattamove1:20180331081738j:image

もし時間を遡れるなら

また、一年が経ちました。

桜も綺麗に咲いていて春爛漫といった具合です。そして、4月2日からは新年度が始まり新入社員が入社してきます。

ところで、自分が投資をはじめたのは、約1年半前になります。

例を見ないほどのボラティリティが低く、株価が上がり続ける相場を経験できたことは、投資への耐性が強くなった、投資の楽しさを知ることができたという意味でとてもよかったと思います。

ですが、ことあるごとに思うのがもっと早く始めていればよかったな〜ということです。

もし時間を遡れるとしたら新社会人になった瞬間から投資を始めてみたいです。

新社会人かつ実家暮らしの身分こそ最強

思い起こせば新社会人の身分こそ最強でした。

当時手取りで20万円ほど頂いていたので、実家に家賃として3万払い、スマホ代を1万払い…約16万円の可処分所得がありました。ボーナスが出ればそれもすべて可処分所得です。

今は、月5万円を平均に毎月の投資に当てていますが、今の意識を保ったまま当時に戻れるとしたら最低10万円は投資に当てることができると思います。

2010年から月5万円を8年間、5%で複利運用すると、2018年には元本480万円が約588万円になります。

f:id:yougattamove1:20180331074719p:image

100万円ほどしか、増えてないじゃん…と思うかもしれませんが、2008年のリーマンショックから立ち上がり時期なので実際のインベスターリターンはこんなものではないでしょう。

積立額を増やす、元々の貯金もリスク資産に投入することをすればさらに増えますからね。

そして、時間を味方につけることができるのも大きいですが、失敗への耐性が高いことも大きなメリットです。

実家暮らしで、最悪大損しても暮らし続けることができますし、時間があるのでいくらでもやり直すことができます。

家事も自分1人でする必要もないので、思うように時間をつくることができ、それを勉強する時間に使うことができます。

すべて自分1人で完結させることができてたなと思う時期は新社会人までです。

子供が産まれるとまじで自分の時間がない!(笑)男でも時間がないと思うくらいなのでので、女性の場合は目も当てられないくらい自分の時間が無くなります…

当時の自分にアドバイスをするとしたら?

もし、当時の自分にアドバイスすることができるとしたら何をするか考えてみました。

1、低コストのインデックスファンドを毎月5万円積立投資すること!

2、日々の雑事に浪費をしていないで、お金を貯めて、海外旅行など「貴重な体験」にお金を使うこと!

3、とにかく自分の武器となる得意なことを追求すること!

4、適度な運動を続けること!

自分はこれを今、周回遅れで必死こいてやっている最中です。

40歳の自分に何やってたんだよ!と言われないように30代も頑張ってやって行きたいですね。