こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住30才会社員のインデックス投資&米国ETF投資日記です。

【映画】「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を観ました。

マネー・ショート

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を観ました。

ずっと見たかったんですが、やっと見ることができました。

原題は「THE BIG SHORT」。

当時、安定と言われていたアメリカの住宅市場が暴落することを予見し、空売りを仕掛ける4人のお話です。

MBS債、CDO(債務担保証券)には空売り手法がありませんでしたので、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を買うという手法で彼らは勝負を仕掛けます。

結果は、ご存知のように2008年住宅市場は崩壊し、彼らは大逆転をして巨額の利益を得ました。

でも、ハッピーエンドじゃないんですよね。

パッケージからはウォール街を出し抜く、アウトローな4人!見たいな印象を受けるんですが、逆です。

確かに儲かってハッピーなんですが、映画を観終わった時、自分は砂を噛んだような後味の悪い気分になりました。

暴落は嬉しいか

暴落はチャンスと言われています。

この映画のようにショートで利益を上げようとするヘッジファンドでもそうですし、自分の様な投資信託をひたすら積立している一般庶民に取っても暴落はチャンスになります。

バフェット曰く、暴落は株式のバーゲンセールです。

キャッシュポジションを多く持っていて、この機に沢山買うことができれば、経済が回復した時に爆益を手にすることができます。

だから自分も失業さえしなければ、暴落は大歓迎だと考えていました。

映画の中でもCDSを買い漁ることができた若い投資家の2人があまりの嬉しさに踊り出すシーンがあるんですが、ブラッドピット扮する元銀行員が次の様な事を2人に言うんです。

失業率が1%増えれば、何人死ぬと思ってる?

これには、思わず息が止まりました。

 

暴落は、大きく資産を増やすチャンスですが、決して歓迎するものではないのだと改めて感じました。

自分は、狼狽売りは絶対しない!と決めていても取引先が倒産したり、身内が失業したり、リスクは限りなくあります。

暴落は対岸の火事ではないという事を肝に命じておこうと思います。