こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住30才会社員のインデックス投資&米国ETF投資日記です。

目標のアセットアロケーション

目標のアセットアロケーション(インデックスファンド)

こんにちは、ひねぷーです。

あまり投資方針というのを意識してこなかったため、まとめて置こうと考えました。

目標としているアセットアロケーション(インデックスファンド部分)は以下の通りになります。

リスク資産の60%をコア資産としてインデックスファンドで運用をしていきます。残りの40%はアクティブファンドだったり、個別株、高配当ETFへの投資になります。

 

先進国株式 80%

国内株式    10%

新興国株式 10%

合計100%

f:id:yougattamove1:20180111004434p:plain

 

 

わたしのインデックスの過去20年の実績データによるとリターンは6.2%で、リスクは18.7%です。

債権クラスがありませんので、リスクが高いですが、余裕資金内での投資と割り切り高リスクを受け入れます。

標準的なインデックス投資家のアセットアロケーションは国内債券(個人向け国債10年)が3~40%が入っていて、リターン4%台、リスク10%台が多いと思います。

 

・リスク資産は株式のみで債権ファンドへの投資は行いません。

・各資産の構成割合のかい離許容度は±5%とします。これ以上にかい離した場合は、リバランスを行って調整を行います。

・低コストのインデックスファンドを通じて行います。新規設定されたファンドに対しては、実質コストや指数とのかい離率を考慮したうえで、柔軟に投資を行います。

・投資資金は毎月の給与から一定額を積立します。ボーナス支給時には、上乗せをして積立を行います。自動積立機能を利用して機械的に行います。

 

インデックス投資は資産形成の核(コア)に当たる部分ですので、地道に着実に積立をしていこうと思います。