こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住20台後半会社員のインデックス&米国ETF投資日記です。

野村つみたて外国株投信が気になる。新興国株式クラスにも低コストで積立できます。

「野村つみたて外国株投信」が10/3からSBI証券で一般発売されるそうです。

積立買付のみの設定だそうで、販売時期といい明らかにつみたてNISAを意識していますね。

 

◆MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)(ただし日本を除く)への連動を目標としています。

◆信託報酬 0.19%税抜

 

最大の利点は新興国株式クラスに低コストで投資が出来る点です。

同指数は現在、先進国87%、新興国13%の比率になっていますので、世界各国における新興国の時価総額割合9.7%よりは少し高くなっているようです。

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)(ただし日本を除く)

f:id:yougattamove1:20170928005941p:plain

リターンもしっかりしています。

 個別のアセットクラスの信託報酬もとても安くなっていますが、全世界株式の信託報酬もどんどん下がってきています。

S&P500への一本勝負か、国際分散投資かは意見が分かれるところですが、今の所自分は保守的に国際分散投資をしています。

 

ポートフォリオを見ると、先進国株式=たわらノーロード先進国株式、信託報酬0.2%(税抜)、新興国株式=たわらノーロード新興国株式、信託報酬0.34%(税抜)に積立していますので、コスト高です。おそらく、また値下げ競争がきますので、よく見極めたいと思います。