こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住20台後半会社員のインデックス&米国ETF投資日記です。

格安SIMへの変更は固定費削減の基本。でも、知らない人も多いみたいです。

重い腰を上げ格安SIMへ変更

今更ですが、auを解約して格安SIMのmineoに変更をしました。タイトルが偉そうで申し訳ございません…

 

 auへの今までの毎月の支払いは約9,500円でした。

機種を分割で購入したので2,480円は機種代なのですが、LTEネットで5,700円、接続料300円、シンプルプランで980円といった内訳です。

 

「解約手数料が発生する」とか「機種代金を一括精算するのやだなー」とか持ち前のものぐさを遺憾無く発揮してうだうだとしていましたが、新プランのピタットプランと比較の上、格安SIMに軍配があがったため、ひと思いに解約(MNP番号の予約)してきました。

 

解約手数料は3,240円、MNP手数料が3,240円かかりましたが、新しく契約しようとしているのはmineoのデュアルタイプ6Gなので、2,365円の料金です。差額は約4,500円になります。手数料分は2ヶ月かからずに回収できそうです。いつも、7G使いきってしまう使い方をしていましたが、スマホ首になってしまったこともあるので使用は控えて、料金プランを下げれるようにしたいと思っています。

 

年払いにすると大きいです。差額は54,000円になるので、台湾旅行くらいなら行けてしまう…なぜ、もっと早くから変更してなかったんだ。。こういった心がけが、10年、20年後に大きな違いになるのでしょう。とりあえず、嫁から紹介を受けた為、Amazonギフト2,000円をゲットできそうです。

 

ところで自分は10年以上使い続けてきましたが、解約する時はありがとうございましたもないのですね。自分は生涯auを利用することはありません。三太郎とかくだらないCMをする前に顧客満足を高める事に努力してほしいものです。

 

身の周りの人にも紹介しました

ところで、職場におこずかいの少なさに悩んでいる先輩がいます。

おこずかいの金額は月額30,000円永久固定制度になっておりまして、お酒代、ランチ代、遊び代は全てここから賄うというなんとも心苦しい制度になっております。

 

ですが、その先輩と奥さんはキャリアスマホを使っています。

2人あわせてスマホ代は毎月約20,000円ほどとのことで、それに加え、奨学金の返済、車の維持費など出費が多いそうです。そのため、おこづかいをあげてもらえないそうですが、一つ提案をしてみました。

 

それは、節約して浮いたお金の半額をおこづかいにしてもらうということです。

 

やっぱり、家計が厳しい中、単純におこずかいの値上げを要求するのは家計を管理している者の立場からすれば好ましくありません。なので、現状から削減できた分の半分ならもらっていいよね?ということです。

どうやら奥さんの賛成が得られそうとのことでしたので、以下の提案をしてみました。

・キャリアスマホから格安SIMへの変更

・水道光熱費、通信費、等の支払いを全て口座引き落としからクレジット払いに変更。日用品費、食費も全てクレジット支払い(ポイント目的)

・電力会社の見直し

クルマの保険や生命保険は自分自身が加入していないのでアドバイスはできそうにありませんでしたので、見直しをしてみたらいかがですか?程度にとどめました。

 

格安SIMって知ってます?楽天モバイルとかmineoとか…と聞いたら、名前は聞いたことはあるけど胡散臭いからよくわからないし、興味がなかった。とのこと。この心理ってネット証券を避けて、対面販売で投信買っちゃうのと同じなのかな。

 

自分もそうですが、固定費は一度契約してしまうとなかなか見直しません。そもそもそれが割高だとか、もっと節約できるだとかは興味がなければ気づきません。検索すればすぐに出てくることなのに、目先の30,000円のおこづかいに目線が向いてしまっているので、隠れた原資があることに先輩は気づきませんでした。

我慢してお金を貯めるのではなく、ストレスフリーでお金を貯めたものですね。