こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住20台後半会社員のインデックス&米国ETF投資日記です。

コツコツ投資は絶対にやめません。

f:id:yougattamove1:20170731075115j:image

自分は生活費のかなりの部分をクレジットカードで支払いをしています。

水道光熱費、ネット代、食料品、通信費etc...すべてクレジットカードを使っています。

引落しは家賃の支払いぐらいでしょうか。

 

一方、両親は、完全現金主義です。

水道光熱費等の固定費はすべて引落しで、買い物も現金でします。

クルマを購入する時も現金一括購入とのことで、借金を何より嫌います。

カード決済するのは、大幅に料金が安くなるETCカードを使うときのみです。

両親曰く、クレジットカード決済は借金とのこと。

自分は無利子でポイントも付くんだからいいじゃんと思いますが、なんか嫌という気持ちの問題らしいです。もちろん、余裕資金は全て定期預金に預け入れです。

 

何が言いたいのかと言うと「なんか嫌とか、わかんないで決めつけてしまうと損。」ということです。

 

複利効果を活かさないのは損というレベルじゃないよね。

そんな両親は、今せっせ共働きで住宅ローンを返済しながら老後の資金作りに勤しんでいます。

自分も含めて3人の子どもを大学まで奨学金なしで出してくれているので、相当お金はかかったはずです。まともな職業につき、働いていますが、同じ年代で比較すれば貯蓄は少ないと思います。

そして、定期預金一択が老後資産の形成を遅らせてしまっています。

 

30年間、毎月、5万円ずつ普通預金に預け入れした場合は、今の様に金利がほぼ0と仮定して、約1,800万円になります。

 

30年間、毎月、5万円ずつ5%で複利運用した場合は、約4,000万円になります。

 

こんなに結果が違うんだと思いますよね。複利効果は恐ろしい。

 大人になってから思うことが、努力は皆しているけれど、その方向性やタイミング、決断が少し違うだけで、結果にかなりの影響が出るんだなということです。

勇気を出して、毎月5万円分いい金融商品を購入する。具体的には、ネット証券口座を開いて、自動積立設定をするだけ。

この違いが30年後、これだけ違う結果をもたらすのだから恐ろしい…コツコツ投資は絶対にやめません。