こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住20台後半会社員のインデックス&米国ETF投資日記です。

連休明けはセミリタイアしたくなる

連休明けはセミリタイアしたくなります。

普段思うことはあまりないんですが、このまま、連休中のような生活がずっと続いたらいいなー。どれだけのんびり幸せに生きられるのかなーと考えてしまいます。

仕事がほぼノーストレスで、ぬるま湯ちゃっぽんな自分でこうなのだから、ストレスフルな職場の人はどれだけ思うのでしょうか。

セミリタイアするのに必要な条件

具体的にセミリタイアするのに必要な条件を考えてみました。

まぁ、金融資産がめちゃくちゃあればいつでもできるんですが、なるべく現実的に考えます。

 その前にセミリタイアとは考えなくてはいけませんね。自分はセミリタイアとはフルタイムで仕事をしなくていい状況を考えています。例えば、今のような正社員勤務はフルタイムですが、週3日アルバイト生活はセミリタイア生活です。 拘束感がどれだけあるのか?が判断の基準です。

 それで、自分がセミリタイアをするとしたらこんな条件が揃ったときです。

 

1、家賃ないし、ローンを支払う必要がない住宅を所有している

2、日々の生活費を賄えるだけの配当金や副収入がある

3、教育資金や車の購入等、固定資産税等の大型支出への備えがある

4、その他突発的な支出への資金がある

5、心身ともに健康である

 

これだけあれば安心してセミリタイアできます。もちろん自分の現在の状況は理想とは程遠いです。。

 

何千万も運用する前は収入の最大化が絶対条件 

最近特に思うのは収入の最大化が必須です。運用収益で生活できるようになるには巨額の資金が必要になるので、それまでは給与収入が軸になります。そして、サラリーマンとしての収入は、どの会社に勤めるかでかなりの差が生まれます。ですが、今転職するのはリスキー過ぎます。もっと資格を取ったり、今の会社でできることをして実力をつけるのがベストだと思いますし、選択肢を広げるためには語学を学ぶのもありと考えています。

また、副収入を得ることも大切です。

自分の今の副収入はこのブログからの広告収入です。まだ、少ないですが自分の小遣いくらい賄えるようになればしめたものです。

あまり、時間をかけずに定期的に収入を生み出すストック型のビジネスが出来ればいいいんですが、そもそもストック型のビジネスは参入障壁が高いから、ストック型になるわけでおいそれと一般市民ができるものではなさそうです。

 

働くってなんだろうと真剣に考えた

連休中は実家に帰省していたのですが、ちょうど夕方の時間に8ヶ月の息子を連れて公園に行きました。ぼけーっと夕日を眺めながら、次こうやっていっしょに夕日を見れるのは、次の週末か…と思いました。

おかしいですよね。いっしょに住んでいるのに、次にゆっくり会えるのが週末なんて。

例えば、大学生のころからコツコツバイト代を投資に回し、自分でビジネスを考えて起業したり、ある分野のスペシャリストとして高い収入を貰ったりしていれば、今とはまた違った景色が見えていたんだなー。とか、しんみり考えていました。

 他にも大多数の人は無意識的にサラリーマン人生というのを選択しているんだとか考えていました。周りにサラリーマン以外の人がいない場合、考え方や生活パターンを無意識に真似てしまいます。その方法以外を知ることができないので、自分も含めてまぁ仕方がないことなんですが…サーカスの像は自分の鎖は切らないってやつです。

 そう考えていくと投資ブログをやっている人の子供は初めから、サラリーマン以外の人生を選択できる余地が大きいです。だって、親が少なくないお金を残してくれるだろうし、運用の仕方や資産の築き方のノウハウを教えてくれるだろうから。

 そんなどうしようもないことを夕日を見ながら考えていました。

孫の代までには資産家になれるかな…?ちょっとしんみりした話でしたね。すみません。笑