読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こつこつがんばって資産形成をしてみる。

千葉在住20台後半会社員のインデックス投資日記です。日々の戯言と節約とか。

お食い初めを木曽路でやったよ

雑記 子育て

息子が生誕100日を過ぎたのでお食い初めをやりました。

 

「お食い初め(おくいぞめ)」とは、子供が一生食べ物に困らない事を願い、また歯が生えるほど成長したことを喜ぶ意味もこめて、赤ちゃんに初めて食べ物を食べるマネをさせる儀式の事。生後100日目頃を目処に行い、「歯固め」「箸ぞろえ」「箸始め」と呼ぶ場合もあります。

 

なぜ「木曽路」かというとこの記事を読んだからです。

 

tsumaranai-man.com

 

もうホントにこの通りでした。

ここまで詳細なレポは無いんじゃないかというくらいです。

それで自分が強調したい点は以下の2点です。

 

費用が安い

item.rakuten.co.jp

 

木曽路に決める前、周りの人にお食い初めはどうやるのかを聞くと自宅で行うという返答が返ってきました。

大体、上記のリンクのようなお食い初めセットになっていてこれが税込10,800円します。これを宅配してもらって、おまけに両親がくるのでお寿司の出前を頼んだりするわけです。これに専用の食器があって(これはレンタルしても、買っても良い)。

うーん、めんどくさい。。。

 

一方、木曽路のお食い初め膳は「2,700円」

 

これは安いと思います。

身も蓋もない言い方ですが、祝われている本人は歯も生えていないので食べることはできません。あくまで振りだけです。食べさせる振りだけして後は大人で食べてしまいます。

 食器も用意しなくていいですし、執り行い方もレクチャーしてくれ、写真も持ってくれます。うむ、何もしなくていい。

 

あとかたづけがめんどくさくない

自分は自宅で友人とパーティー!みたいな生活と縁がありませんが、嫁は友人をよく自宅に招きます。

部屋を綺麗に掃除して、お菓子や飲み物を用意して、会が終われば後片付けです。

 

あとかたづけめんどくさい…

 

でも、お店に行けば勝手にかたづけてくれますので、何もしなくていいです。うごうご動いている息子を横目に、談笑し、食後のお茶を啜り、デザートの抹茶アイスクリームを楽しんでいれば、店員さんがかたづけてくれます。とっても楽ちんです。

 

これが、木曽路を選んだ主な理由になります。

 

但し注意点があり。

1、個室を使用する場合は要予約なこと

2、個室を使用する場合は、一人当たり4,000円以上の品物を頼むこと

3、個室の場合は、サービス料として10%支払うこと

 

 もともと少しお高めなしゃぶしゃぶ屋なので、庶民の自分にはいいお値段だと思ってしまいます。

赤ちゃん含め5名でかかった費用は30,056円になりました。

 

お食い初め膳 2,700円

お昼のしゃぶしゃぶ 和牛特選霜降 4,536円 × 2

お昼のすき焼き   和牛特選霜降 4,536円 × 2

てっさ(大皿) 3,780円

ふぐから揚げ  1,404円

ウーロン茶   324円 × 4

奉仕料(個室代)10%

合計  30,056円

 

普段、吉牛ヘビーユーザーの自分としては大満足です。

(優待利回り8%なので株主になるべきか・・・笑)

 

普段節約していても、お祝い事の時くらいは何も考えずに好きなものを食べたいですよね。お店も綺麗で、接客も非常に丁寧でした。

木曽路でお食い初めはとってもおすすめです。

 

 

 

f:id:yougattamove1:20170221003903p:plain