読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住20台後半会社員のインデックス投資日記です。日々の戯言と節約とか。

カンブリア宮殿【ひふみ投信】感想&IPO結果

「ひふみ投信」見ました。

 

仕事が忙しかったので、リアルタイムで見ることができず…

録画しての視聴になりました。

 

番組の冒頭では、驚異的なリターンと紹介されておりました。

実際に、TOPIXと比較しても(番組では日経225と比較していた)

リターンは高く、配当込みのTOPIXと比較していることも良心的です。

 

f:id:yougattamove1:20170219111355p:plain

 

レオスの藤野さんの企業を足で探すというやり方はイレギュラーなやり方だそうです。

儲かる株ではなく、世の中に必要なことをする企業、これから革新を起こす企業を全国行脚して探し出し投資をする。

結果としてリターンがついてくる。投資本来の目的だと思います。

 

番組を見た感想としては、「預けておけばウハウハ」「こういう企業は駄目企業ベスト3」「投資をして金持ちな外国人と預貯金だけで老後の不安が残る日本人の対比」などあり、ちょっと極端だなと思うことはありましたが概ねその通りだなと思う内容でした。

 

で、自分はどのように捉えていたかというと…

 

預けておけばウハウハ?

今のところはウハウハで間違いないと思います。

得られるリターンは高く(他にも高いのはありますが)、信託報酬はアクティブファンドの中では安く、理想的だと思います。

 

ただ、周りの人がやっているから、信頼した人に勧められたからという理由で自己判断をしないことは駄目だと思います。

 

実質的に何もせず、お金を投資している(投資信託を買っている)だけでも、どういう手法でで利益を稼ぎ出しているのか、なぜ自分の資産は増えるのかを自分なりに考えておくことが必要だと思います。

こういう企業はダメ企業

1、傘が散らかっている(気づく人がいない)

2、スリッパで仕事をしている(緊張感が無い)

3、社長がいきなり自伝を紹介する(未来を向いていない)

 

と紹介されていました。

まぁ、一概にこれに当てはまったからダメというのはないとは思うのですが(傾向はもちろんあると思います)、それよりもその後に、WASHハウスの社長を「謙虚で自信があり、将来のビジョンが明確に描けている」と評していました。

どちらかというとこちらの方が、将来発展する企業を見分ける方法なのかと感じました。

 

預貯金だけで慎ましい暮らしをしている日本人

そもそも投資をしていて、成功して、リッチな人はいると思いますが、投資をしないとリッチな暮らしが出来ないみたいな描かれ方は極端だなと思いました。

そもそも、本業での儲けが大きい人もいるわけですし。

それで、老後資金をきちんと貯蓄できる人には、投資による資産形成は必要ないと思います。

それに投資をしている人、特に長期間での資産形成に取り組む人は、お金を無駄遣いする人は少ないと思うので、投資=儲かる=旅行が出来るリッチな暮らし!みたいな事はないと思うので、浅はかな考えだと感じ、番組の伝え方に少し疑問を覚えました。

 

中には、リスク資産を保有すること自体が許せないという人もいます。

資産を無リスク資産に振り分けるのか、リスク資産に振り分けるのかは個人のリスク許容度による部分なので、ここをしっかり押さえておかないと、流行に乗って投資をした結果、とんでもないことになりそうです。

 

自分としては、このひふみ投信を国内株式クラスでこれからも毎月積み立てていく予定です。

ただ、傾向としてひふみはTOPIX下落時も下がらずに、右肩上がりなのでドルコストは部が悪いと思っています。

なので国内株式はひふみだけではなく、TOPIX連動インデックスも購入することで、下落時に口数を多く仕込めるようにしようと分散させています。

組入れ銘柄も大企業ではないことが多いので、正直どう動くのか自分で予測ができないからです。

でも、なぜか信頼しています。

 

ちなみにIPOの結果はダメでした。

3月に向けて新規上場がたくさんなので申し込めるだけ申し込むつもりです。