こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住20台後半会社員のインデックス&米国ETF投資日記です。

お金云々より、家族団欒が一番幸せと思う理由

f:id:yougattamove1:20170817074017j:image

夏休みが終わりました。

やだな…会社行きたくない。

急かされたり、精神論を聞いたり、満員電車にすし詰めにされて出荷されるのが本当にいやです。そして、あの「遂に始まってしまった」という倦怠感が漂う職場。がんばろう、家族のために。

 

夏休みはどこかに旅行に行ったりはしなかったのですが、地元の友人と家族でBBQをしたり、実家に帰っていました。実家では、両親が子どもを可愛がってくれて、山梨までドライブに出かけました。BBQでは、馬鹿な話をしたり、近況報告をしたりしました。

 

それで思いました。あれ?俺、わりと幸せじゃね?と。

 

そこそこの収入でも、家族がいて、多少の友人がいて、時間的なゆとりがあれば結構満足している自分がいて、こういう生活を送りたいんだなーとか思いました。

 

もし、自分に1億円の資産があったとしても、家族がいなかったり、恋人、友人がいなかったとしたら、それはあんまり楽しくないと思います。1億円あれば、お金について困ることはなくなるにせよ、困らないだけであって、満足感や充実感は得られなさそうです。

 

ライフシフトに書いてある3つの無形資産のうちの、活力資産(健康、友人、愛のことです)の形成ってやっぱり重要です。

自分は友人関係があんまりなので、家族がいて本当によかったです。

完全に独り者だとしたら、そっこーで会社を辞めて、実家に帰省し、世界中を旅したり、日本中の山を登ったり、サーフィンしたりしながら、自由気ままに過ごすと思います。

 

まぁ、この楽しみは老後、もしくはセミリタイア後に取っておくとして、サラリーマン生活を楽しめるようにしていきたいものです。

 

 

やっと、100記事達成。楽しみながら続けられるといいな。

f:id:yougattamove1:20170805225644p:plain

7月の積立報告の記事でやっと100記事を達成しました。

ブログを始めたのが2016年10月なので、もうすぐで1年になります。

ペースはすごくのんびりとしていると思いますが、文章を書き続けることを1年近く続けているということが人生史上に例がなく、喜び半分、驚き半分といったところが正直な感想です。

毎日更新するということは自分にとって非常に難易度が高く、また、プレッシャーになるので、書きたい事を週2〜3、気分がいい時に書くのがストレスがなく続けられてよいのかな〜と思います。

 

ブログを書くことで変わったと思うこと

ブログを書くことで変わったと思うことは3つあります。

①、会議の議事録を作成する仕事やパワーポイント等の資料作成時間が圧倒的に早くなった。

②、他のブログを巡回することで、知識が増えた。さらに言えば、自分以外のライフスタイルを知る事で世界が広くなった。

③、ブログを通じて収益を得る事で新しい可能性が見えてきた。 

文章を書くためには自分の頭を整理する必要があります。大して更新頻度が高くなく、文章量も少ないですが、ブログを書く事を通じて、自分がインプットしたものを整理する→それを自分が持っている表現でアウトプットするといったプロセスが鍛えられているのだと思います。

これは、ブログを書くことで得られた実利になりますね。

書けば書くほど上達すると言いますが、これは事実です。(最初の10記事を見ていただければわかります。中学生レベルの文章が世間に公表されていたと思うとおぞましいです )本業の業務にプラスの効果があるとは考えていませんでしたが、楽しみながら続けることがスキルアップに繋がるのだから一石二鳥ですね。

 

また、ブログを書くために、他のブログをよく見るようになりました。単純に、更新頻度が高い人は何を記事にしているのか、文章量はどれぐらいなのかを確認するためです。それに、面白い表現や惹きつける文章はないかなと探してます。

ブログを読んでいるとその人の人となりや、考え方、生活スタイルがなんとなく想像できるようになります。ブログを読むことで得ることができる情報だったり、他人のライフスタイルを知ることは自分にとって新しい発見の連続です。

1つの会社に所属し続けると、そういった発見が得にくくなってしまうので非常に貴重です。特に、ある程度考え方が似ている人が採用されると考えているので、自分の周りにはいないタイプの人に対して、こういう人がいるんだな。こんな考え方もあるんだな。と知ることができて楽しいです。投資関連の記事を読むことで知識が深まるということがあくまでメインですが。

 

最後に、ブログを通じて収益を得ることで労働収入一辺倒から、少しなりとも抜け出したことになります。大学生の頃読んだ、「金持ち父さん貧乏父さん」の中に、お金に働いてもらうという表現がありましたが、当時は不動産投資?お金が無ければできないじゃん!と考えてました。てすが、まさに今、ブログや株式投資を通じて自分以外の何かに働いてもらうということを実践しています。金額は小さいかもしれませんが、大きな一歩だと思います。

 

これからについて

やっぱりブログを書き続けるので、マネタイズを意識してアクセス数アップをしていきたいと考えています。今までは、自分の思ったことをつらつらと書き連ねていましたが、それでは不十分ですね。

 

①ストック型記事を増やす

②過去記事のリライトをする

③ブログの運営について勉強する

 

中でも、③は特にしたいと思っています。パソコン苦手なんですよね…(この言い方がすでにダメ 笑)デザインとかもみんなおしゃれなのに、もうさっぱりわかりません。規定のテンプレートを設定しているだけです。広告も変な位置に出てしまって見苦しいことこの上ありませんし、こういったスキルはこれからの時代は必須になりますよね。

 

それでは、また今度! 

 

7月分積立投資を実施

f:id:yougattamove1:20170301001525p:plain

7月分の積立投資を実施しました。

毎月恒例のインデックスファンド(一部アクティブファンド)の定額買付になります。

今回から、ドルで購入した、HDVとBRK.Bが仲間入りをしました。

HDVとBRK.Bはビクビクしながらドルで買いましたが、自動買付はもはや何も思いません。

また、中途半端だった、「eMAXIS8資産均等」売却したので、株式のみのPFになりました。

 

ポートフォリオ

f:id:yougattamove1:20170804012823p:plain

  今回から、表示方法を変更しました。

積立

◆先進国株式IF

Free NYダウ・インデックス

・たわらN先進国株式

◆新興国株式IF 

・たわらN新興国株式

◆国内株式IF

・ニッセイTOPIXインデ

レオスーひふみプラス

 

7月の振り返り

初めて、個別株とETFを購入しました。

そのために、SBIのキャンペーンでドル転しました。1ドル=113円で決済をしました。

インデックスファンドを毎月自動積立していると、為替リスクを意識しなくなりますが、ドルを持つことで意識が出てきました。

この機会に為替を少し勉強してみようかと考え、こんな本を買いましたが自分の頭では難解です。

 

〈新版〉本当にわかる為替相場

〈新版〉本当にわかる為替相場

 

為替に興味が出てきたので、分裂したビットコインやイーサリアムにも興味が出てきました。

多分、投資はしないと思いますが、仮想通貨ってどんなもんだろうかと知りたくなりました。

 

 

何も買わない期間を作ってみるという実験

f:id:yougattamove1:20170802082229j:image

お金を使わない生活と検索したら以下の記事がヒットしました。

1年間何も買わずに過ごしたら、どうなる?【体験談】

1年間何も買わずに過ごすという内容です。

 

自分はちょこちょこお金を使ってしまうタイプです。金額の大きいものは流石に躊躇しますが、コンビニでアイスだとか、ジュースだとか買ってしまいます。本も本屋で買ってしまうし、Amazonにお世話になりっぱなしです。

 

日々の生活にお金って必要ですが、振り返ってみると、くだらない出費が多いです。

 

大体1日に使うお金はこうです。

朝、駅前の自販機でコーヒーを買う。(140円)午前中、会社の自販機でコーヒーを買う。(130円)昼休みに同僚とごはんを食べに行く(700円〜900円)ごはんの後、雑談しつつコンビニコーヒー(100円)夕方、コンビニでお茶を買う(100円)、帰宅中、嫁からの要請があればお菓子やアイスを買う(週3日あるか、400円くらい)、気になった本があれば買う。

 

やばい、ちょうもったいない。コーヒー代が多い。

 

個人的にはランチ代や嫁との団欒で食べるお菓子代は減らしたくありません。なにか、生産性のある会話をしているのかというと、していないのですが、職種的にあまり人と話さないので、話さないと病んできます。

現に、大学生から比較すると自分のコミュ力は年下落の一途を辿っています。

だから、ここは減らさないとして、他を減らす。

 

主に飲み物代と本代です。8月は、出先で飲み物と本を買わない。

コーヒーが好きなので、かなりストレスになるかもしれませんが、自分がストレスに感じずに節約できる限界点を知っておくにはいいのかなと思います。それに、服を買わないし、DVDのレンタルもしない。自分に使うのは最低限の飲食費のみで、やってみようかなと。

あ、でも趣味として日清カップヌードルシリーズはどんな変な味が発売されても購入しているから、それは除外します。

 

超節約家の人からすれば、「気合が足りない」と言われてしまいそうですが、とりあえず実験してみます。何事もやってみることが大切だと思うので。

定時帰りの人にいらいらしてしまうのはマネジメントのせいだ

f:id:yougattamove1:20170801074029j:image

ちょっと前にこんなツイートをしました。

 

 

 

阿夫利、美味しかった…おすすめです。

職場にいつも定時(もしくは早く)帰る後輩がいます。定時で帰ることはまったく悪いことではありません。むしろ、経営者から見たら、残業代を払わなくて済むのでいいことです。営業利益に貢献するので、株価に貢献します。与えられた仕事を定時内で終わらせることができない社員は利益を圧迫する能力がない社員です。

自分は特に株式投資をするようになってからこの気持ちが一層強くなりました。だから、極力残業はせず、業務改善提案をしたりしています。なのに、なんでこんなにムカつくんだ!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

 

なぜ、定時帰りの同僚にイラついてしまうのか

考えるだけで嫌になってしまうのですが、この先ずっと自分はイライラし続けるのか?思い、真剣に考えて見ました。

 

1、能力があるのに、それをいつも使わずにいる

同僚は自分より事務処理能力が高いです。これは痛感しています。型にはまった仕事をするのが非常に得意です。ミスもなく、O型でズボラな自分は同じ内容の仕事をしても勝てません。

記憶力もよく、物事を効率的に処理することができます。でも、本人わかってるんですよねー。やれば、自分の仕事になってしまうことが。ある意味賢いんです。

 

2、仕事の配分がおかしく、評価に影響しない

 自分は一部上場企業の子会社で勤務していますが、会社の規模は中小企業になります。

大企業の仕事は経験がないですが、職場はファジーな部分が多いです。過去に前例がなく一から考えなくてはいけないものとか、部署を横断して取り組むことが多いのですが、それは自分の役回り。一方、同僚は完全なルーティンワークのみ。仕事の割り振りがおかしいですよねー。将来的に成長させたければ考える仕事は必須なのに。とはいえ、評価も頑張りに連動していません。頑張った1年も、Yahoo!ニュース見ていた1年も評価は同じでした。やってもやらなくても同じなら、やりません。

  

3、本人の性格(文句)

 さばさばしてます。あまり他の人には興味がないようだし、プライベートはもちろん話しません。あまり、あいさつやお礼も言いません。会議や打ち合わせでも発言は皆無なのに、社員旅行の宴会幹事だけは毎年やる。なんというか…はぁ…という感じです。

 

でも、本人の問題もありますが、これってマネジメントの不足が大半なんじゃないの?と思いはじめました。考えてみれば、育成計画も特になく、空いてるポジションにあてがわれただけです。それと本人の能力に合わせて業務が調整されていません。1人だけ残業しないのも、仕事量の割振りの問題です。

案外本人は、毎日決まった退屈な仕事だな。打ち合わせをしても意見が採用されないから黙っておこう。退屈だから、やる気でないな…早く帰りたい…とか考えてるかもしれません。

 

そうですよね。

マネジメントだ。マネジメントがなってない。じゃないと、今後ずっと一緒働かなくちゃいけないなんて考えたくない。うん。心を無にして働こう。俺は機械。俺は機械。8時間機械になる簡単なお仕事だ。今日もがんばろう。そして、自分も定時で帰ろう。そうすれば、気にならない。