こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住30才会社員のインデックス投資日記です。

プーと大人になった僕を鑑賞した

f:id:yougattamove1:20181015081654j:image

先日、久しぶりにレイトショーを奥さんと観に行きました。

本当は、アントマン&ワスプを観たかったのだけれど既に公開終了になっていて、代わりにプーと大人になった僕を観ることに。

 

ざっとネタバレしない程度にあらすじを説明しますとと、主人公はクリストファーロビン。幼少期に100エーカーの森でプーと遊んでいた男の子が、大人になっています。彼は、幼少にプーと別れた後、寄宿学校に入学し、戦争を経て、ウィンズロウ商会に入社し、現在は旅行カバン部門の責任者になっています。会社員として忙しく働き、家庭も顧みずに働くけれど、旅行カバン部門の業績は悪く、経営層から20%のコストカットを命じられます。

週末の家族旅行をキャンセルし、一人で仕事に取り組むクリストファーロビン。そこにプーが会いに来る…と言ったような話です。

 

〝明日〝を求めるロビンと〝今日〝を求めるプー

作中で感動するシーンや名言は沢山あるのですが、ここに焦点を当てたいと思います。

クリストファー・ロビンは大人になるに連れ効率的に生きるようになります。

ステレオタイプな大人になっています。しっかり勉強していれば、将来高給取りの仕事に就ける。家族を顧みず頑張って仕事をしているのも将来のため。そして、自分の娘にもそれを強制しようとします。

一方、プーは今日何をするか、何が起こるかと目の前のことしか見ていません。目の前にあることを全力で楽しむと言わんばかりです。

風船があると幸せな気持ちになれる。とか。

最後は…というとクリストファーロビンはプーと向き合い、家族と向き合い、本当に自分にとって大切なものは何なのかを思い出します。

 

自分はそれを観て、子どもとの時間をもっと大切にしていきたいと思いました。

週に2日は朝保育園に送って行ったり、毎週水曜日は仕事を早めに切り上げて迎えに行ったりしているのですが、もっと子どもとの時間を大切にしたいと思いました。

ふらふら寄り道するのもよし、泥んこになってもよしです。

2歳児の相手はとても大変で、大人しくしてて欲しい、服を汚して欲しくないと考えてしまいます。多分、自分はそんな時、怖い顔をしているのでしょう。子どももあまり笑いません。

仕事をしている時は、もっと笑えないのだから、せめて子どもといる時は、くだらない事も一生懸命やって笑い合っていたいと思いました。 

くだらない事は面白い。無駄なことも面白い。効率的な事もいいけれど、それは面白くない。

効率的なを子どもにも押し付けてなかったか?という反省と自分らしく生きていくってどういう事を問われつつ、とっても暖かい気持ちになる映画でした。

 

 

「SHAKESHACK」と「ゴンチャ」はおすすめ

SHAKESHACK東京国際フォーラム

食べ物シリーズです(今回初)

「SHAKESHACK」に行ってきました。

ちなみに「SHAKESHACK」はおしゃれでおいしいハンバーガーショップです。

シェイク・シャック英語Shake Shack)とはアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークに本社を置くファストカジュアルレストランチェーンである。2000年にマディソン・スクエア公園で始めた屋台が起源。屋台は公園内の売店となりメニューもハンバーガー、ホットドッグ、フライ、ニューヨークスタイルハンバーガー、店名を冠したミルクセーキを追加しニューヨークスタイルハンバーガーに合わせる形を採った。初期はフライドポテトに関する品質管理や苦情といった問題を抱えていたが、店舗拡大に合わせ品質を改善していった。

自分が移動上、一番気軽に行ける店舗は有楽町店です。

他の店舗は知らないのですが、周りに雰囲気と合わさってやたらおしゃれです。

f:id:yougattamove1:20181013022639j:image
f:id:yougattamove1:20181013022644j:image

店内

f:id:yougattamove1:20181013022516j:image

こんな感じで賑わっていました。

客層の属性は高そうです。

f:id:yougattamove1:20181013022554j:image

食べたのは、シャックバーガー(ノーマル)とポテトです。映っていませんが、オリジナルレモネードを頼んでいます。全部で1,490円です。(嫁がいなければシャックマイスターエールにしたのに!)平均単価は、1500円~2,000円といったところでしょうか。でも、今まで食べたハンバーガーの中では抜群においしい味でした。特にパティが素晴らしく肉の風味の余韻が抜群…。

f:id:yougattamove1:20181013013858p:plain

2015年に上場しています。現在の株価は56.6USDです。きちんと調べた訳ではないのですが、この「SHAKESHACK」は「インスタ(SNS)+高属性+おいしさ」で構成されていると感じます。集客はSNS&口コミ頼りで高単価だと思うので、「飽き」がきてしまうと厳しそうなイメージです。でも、おいしいので自分はまた行くと思います(笑)

 

タピオカジュースの「ゴンチャ」

もうひとつ注目しているのは台湾ティー専門店の「ゴンチャ」です。

おいしいんですよ。ここも。

ゴンチャは2006年に台湾で始まり、現在は1400店舗以上あり、世界各国に進出しています。

メインターゲットを20台~30台の女性に絞ったカジュアルなスタイルでトッピングなどカスタマイズが豊富です。オペレーションも早く、そのほとんどがテイクアウトなことから回転率はよいと思われます。

価格も400円台からあり、Mサイズでも通常のコーヒーショップのLサイズくらいありまして、コストパフォーマンスが高いです。小柄な女性は、タピオカをトッピングしたら食事代わりになりそうなくらいの量はあります。

ãã´ã³ãã£ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

(撮影し忘れて拾いものです。)

事実、よく行く船橋ららぽーとのゴンチャはいつも長蛇の列です。そのほとんどが、女子高生~30台くらいの女性になります。購入した後は、お店の看板の前でキメ顔で自撮りしてでインスタにアップするまでがセットのようですね。様式美です。

奥さんが発見してきて、だいぶ前から知っていたのですが、上場はしていないようで残念です。SHAKESHACKとは違い、一時的な流行ではなく、スタンダードになる予感がしたのですが残念ですね。

不審者及び盗撮犯扱いになるため30歳のおっさんが一人で並ぶことができないのも非常に残念な点であります。

 

みなさんも「SHAKESHACK」と「ゴンチャ」。機会があったら是非どうぞ。

 

株価が下がってもやることは何も変わりませんね

f:id:yougattamove1:20181012082812j:image

ダウ、S&P500、TOPIXと株価の下落が続いてますね。

〇〇ドル下落したと聞くとすごく下がった感がありますが、実際は数パーセントです。

2016年からコツコツとドルコストで毎月買っていますのでポートフォリオにはまだ含み益があります。

流石にマイナスに転じてしまうと不安になってしまうかもしれませんが、現在のところメンタル的には安定してます。

というか、ほとんど気になってません。

株価が大きく下げたと言っても、生活防衛資金があるし、日常生活に支障は全くありませんからね 笑

実際に、会社の業績が著しく悪化して、残業規制や人員整理が行われはじめると焦ると思いますが、そんなことってなかなか起きないのではないかと思います。

それにそういったことが起こったとしても何かできるわけではありません。

 

自分はひたすらインデックスファンドを毎月つみたてしていますが、もっと資産が増えるまで(具体的には数千万単位になるまで)は大きく行動を変えることはないと思います。

短期売買をする時間も知識も度胸もないですし、米国グロース株は魅力的に映りますが、財務諸表は多少読めても英語の壁が立ちはだかってます。笑

なので、ひたすらインデックスファンドをバイアンドホールドでいきます。

今回の調整(だと思う)は金利上昇において株価がどう動くのかを勉強するいい機会だと捉え、注視していきたいと考えてます。

 

2018年9月つみたて投資 ひふみプラスは除外しました

9月分のつみたて投資を行いました。

いつも通りを思いきや今回はひふみプラスの積立をしていません。

購入したのは以下の通りです。

 

・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

・大和-iFree S&P500インデックス

 

ひふみプラスを積立しなかった理由はこちらの通りです。

www.kotsu2-assets.com

 普段のつみたて投資は粛々と自動積立に従って行うまでです。

f:id:yougattamove1:20180928224915j:image

以前から読みたかったグレアムの「賢明なる投資家」を購入しました。

amazonで定価で4,104円、中古でも3,500円もするので躊躇っていました。

帰宅時にふらりとBOOKOFFに立ち寄ったところ、「1,980円」の値札がついていて、思わず「えっ!?」と声が出てしまいました(笑)迷うことなく即買いです。

まだ初めの章しか読めていませんが、通勤時間を利用しつつ読み進めたいと思います。

 

実際に個別株でのバリュー投資は行わないと思いますが、投資関連の書籍を読むこと自体に最近は面白みを感じていて、「知りたい・理解したい」という欲が強くなってきている気がします。

妻からは「また変な高い本を買ってる」と言われますし、テレビの経済ニュースを熱心に見ていると「何こいつ・・・」みたいな不審な目で見られています。

 

topixは1,750ポイントから1,800ポイントへ50ポイント上昇、s&p500は2,900ポイント近辺をうろうろしているのが今月の状況です。

26日にFRBの利上げがありましたので、保有してるHDVが少し下がり始めています。

6月の利上げの時も同じような現象は起きていますね。ひふみプラス売却資金をHDVに追加投資するかVYMを新規購入するかを迷っている状況が続いています。

 

楽天バンガードシリーズの実質コスト

f:id:yougattamove1:20180921080520p:image

楽天バンガードシリーズの実質コスト

楽天バンガードシリーズの運用報告書が公開され、実質コストがわかるようになりました。

実質コストが高い!という声。ETFが、マザーファンドの割には安いのでは?という声の両方があるようです。

初年度決算は期間が1年間ではないので変則決算のようです。

不足の期間分を加味した実質コストをブロガーの皆さんが掲載しています。

楽天VT      0.502%

楽天VTI     0.311%

楽天VWO  0.601%

楽天VYM   0.467%

楽天バンガードシリーズのうち楽天VTIを子どものジュニアNISAで運用していますが、実質コストは許容範囲内だと考えています。

(楽天VWOは0.6%台なのでちょっと高い印象)

とはいえ、明記してあるコスト(信託報酬)の2倍のコストが実際はかかっていると捉えるとちょっと…という気持ちです。

そして、eMAXIS Slimの実質コストと比べて割高感は否めないです。

米国ETFを経由することによる3重課税コストはファンドの構造的な問題ですので、実質コストにおいてはeMAXIS Slimが有利で、逆転は不可と推測されます。

通常であれば、実質コストが高い商品は事前リサーチで避けることができますが、楽天バンガードシリーズも含め、つみたてNISAの開始と合わせて多くのファンドが登場し、実質コストがわからない状態のままのスタートになりました。

どのファンドに投資をしても、低コストで運用できますが少しでも低いコストを選択すべきだと思うので、実質コストが高い傾向が今後も続くのであれば、一考の余地はあると思います。

 

資産形成のベースはやっぱり入金額

投資をはじめて2年ほど経ちますが、やっぱり入金額がモノを言うというのが最近の感想です。

誰かと投資の成績を競ったりする訳では全くありませんが、毎月の支出をできる限り少なくして、より多くの資金をリスク資産につぎ込んだ方が資産形成のためにはいいです。

毎月1万円投資をする人は30年経っても雀の涙ほどしか増えませんが、5万円を投資する人、10万円を投資する人、複利で増えるペースが劇的に違います。

しっかり仕事をして、しっかり節約する。

収入が極端に多くなくてもいいので、支出の割合が低い状態に抑えておきたいです。

毎月10万円のペースで投資ができれば、また違う景色が見えると思うんですが…家族持ちの中小企業サラリーマンには投資に捻出できる資金額という面でなかなかつらいものがありますね(笑)