ひねおのコツコツ投資日記

30代会社員のコツコツ投資日記です。

【投資信託】「iFreeNEXT FANG+インデックス」が設定から1年経過したので振り返る

iFreeNEXT FANG+インデックスの状況

iFreeNEXT FANG+インデックスが登場してから1年ちょっとが経過しましたので現在の状況を見てみようと思います。

 

iFreeNEXT FANG+インデックスの基本データ

米国上場企業の株式に投資し、「NYSE FANG+指数(円ベース)」へ連動する投資成果を目指すファンドです。

「NYSE FANG+指数(円ベース)」とは、次世代テクノロジーをベースに、グローバルな現代社会において人々の生活に大きな影響力を持ち、高い知名度を有する米国上場企業を対象に構成された株価指数です。

つまり、FANG(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)に対して投資するファンドです。「インデックス」とありますが、所謂通常のインデックスとは違いますので、アクティブファンドと考えて差し支えがないと思います。FANGのほかには、アップル、アリババ、バイドゥ、エヌディビア、テスラ、ツィッターが指数に含まれています。

決算日は、1月30日です。しばらくすれば年次報告書が出て実質コストが判明します。

 

設定から1年経過して

f:id:yougattamove1:20190213224014p:plain

2019年2月13日現在の基準価額は9,800円です。

投資信託は10,000円からスタートしますので少しリターンはマイナスです。(設定来-2.00%)分配金は0円でありませんでした。

純資産総額については5億円スタートでしたが、現在は13億円になっています。

一般的には30億円から安定運用ができると言われているので、少し厳しい数字なのかなと思われます。

これらのハイテク企業から構成されている指数ですが、簡単に言えば2018年度に投資してもまったくリターンがなかったことになります。企業の選定の問題と言うより、最も市場が高値圏で推移している(であろう)時に多額のプレミアムが支払われている株式を購入してしまうとなかなかリターンがあがらないということなのでしょう。

個人的には、iFreeNEXT FANG+インデックスについては月次レポートやファンドレターが読みやすく、時系列で指数構成企業のトピックスが記載されていてハイテク業界の動きがわかるのでレポートを読むのが好きです(笑)

FANGを含むハイテク企業は2016年から2018年の株価上昇が著しい為、どうしてもその印象が強くなります。(実際にこのファンドの説明資料もファンド設定前の指数から掲載されています)

私は、既にハイテク企業だけが目覚ましいリターンを上げる時期は過ぎていると思いますので、ハイテク企業を買うとしたらパッケージされた投資信託ではなく、一つ一つ検討して個別株を購入すると思います。

 

【投資信託】東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの分析

最近話題の投信についての私見です。

アクティブファンドは半数以上が長期で市場平均に負けてしまうと言います。

そういう意味でインデックス投資の方が優れているとは思うのですが、短期、中期的ではアクティブファンドはインデックスファンドを遥かに上回る成績を残すことがあります。

というか、年単位で見れば約半分くらいはインデックスに勝っているわけですね.

問題はどのファンドのリターンがいいか事前にわからないことですが、勝ち続けているファンドというのも中にはあるということですね。

 

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン

投信ブロガーではない、FOY2018で第一位に輝いているファンドです。

モーニングスターのレーティングは★5です。

みんなが大好きひふみ投信の成績を上回っています。

2019年2月9日時点での基準価額は23,865円で、純資産額は24,233百万円です。

2018年6月ぐらいから急激な増加をしています。どこかの証券会社が顧客に売りつけまくったのでしょうか、不自然ですね。

f:id:yougattamove1:20190211081842p:plain

このファンドの特色というと、

①わが国の金融商品取引所上場(これに準ずるものを含みます)株式のうち、経営者が実質的に主要な株主である企業を主要投資対象とします。

②銘柄選定に際しては、経営者のリーダーシップに関する定性分析を重視しつつ、企業の成長性・収益性に比較して割安であると判断される銘柄を選別します。

③運用にあたっては、東京海上アセットマネジメントの個別企業リサーチをもとに、銘柄選択・投資配分を決定し、ポートフォリオを構築します。

 

ということです。経営者のリーダーシップを見極め、成長性・収益性に対し割安と思われる銘柄を選定しているということですね。

f:id:yougattamove1:20190211113320p:plain

ポートフォリオの構成を見てみると全て国内株式ですが、殆どが東証1部の小型株、東証2部、マザーズの銘柄になっています。小型株を中心として運用をしています。

経営者が株主ということが銘柄選定基準なので、ある程度の規模が小さい企業が多いのだと思います。

業種の割合で言えば、サービス業、不動産業、情報・通信業でトップ3、約60%を占めています。

現時点での、組入上位10銘柄は、

①M&Aキャピタルパートナー(6080)

②ディスコ(6146)

③シノケングループ(8909)

④アダストリア(2685)

⑤LIFULL(2120)

⑥オープンハウス(3288)

⑦ウェルビー(6556)

⑧エフピコ(7947)

⑨MCJ(6670)

⑩ファイバーゲート(9450)

となっています。組入銘柄数は月報に明記されていませんが約30~40銘柄をポートフォリオに組入していると思われます。

 

f:id:yougattamove1:20190211115320p:plain

モーニングスターの累積収益グラフを見てみると、このファンドが1位な理由が見てとれます。このファンドは「国内小型グロース」にカテゴライズされていますが、同カテゴリーの2018年は-20.04%でした。その中でもこのファンドは5.76%の成績を上げることができています。それまでも同カテゴリーをアウトパフォームし続け、しかも相場が不安定になってからも株価が下落しづらい銘柄を選定することが出来ているということですね。

年2回決算で分配金を(直近)250円出していますので長期で保有するには課税分だけ損するため長期保有には向いていません。相場の地合が悪くてもリターンが下がりづらいのが評価されています。オーナーが保有しているため売りに出される株数が少なく株価が下がりづらい…のか、そもそも割安銘柄なので下落幅が少ないのかわかりませんが 、リターンをきちんと出しつつも、相場が悪くてもリターンが極端に落ちないというのは理想のファンドだと思います。

コストについては信託報酬が1.5552%(税込)です。アクティブファンドなので手数料が高めに設定されています。また、このファンドは購入手数料が一律2.16%(税込)発生します。

保有しているだけで約1.5%、購入時に2.16%持っていかれるので定期積立には全く向いていないことは確かです…というよりこの手のファンドは償還期限が設定されていることが多いです。このファンドも確認をしてみると2023年に償還期限を迎えます。

スポット的にポートフォリオの一部に組み込むのはありだとは思いますが、購入手数料が発生するファンドは方針と合わないので私はポートフォリオには組み込みません。

アクティブファンドは優れたリターンを叩き出す前に、そのファンドを見つけることが何より難しいと思います。

 

iphoneではなく、ファーウェイP20 liteに機種変更した理由

こんにちは、ひねおです。

私が使っているiphoneは6sになります。

既に購入してから4年ほど経過しているので、バッテリーの持ちが非常に悪いです。

職場で充電しないと一日持たないので、ケーブルが必須になっています。

そろそろ替え時かな~と思いながら騙し騙し使ってきたのですが、

ストレージが不足してしまったので、機種変更することにしました。

 

次の機種はファーウェイのP20 lite

次の機種はファーウェイのP20 liteにしました。

価格は29,800円です。

コストパフォーマンス重視で、購入を決定しました。

開封の儀を行いましたが、決してチープではなく、画面が大きくとても満足です。

ãp20 lite ãã©ãã¯ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

自分のスマホの主な用途は「LINE」「Twitter」「写真・動画」「音楽」「ブログ」

「銀行・クレカ」くらいなので格安スマホで充分だよな…と判断した結果です。

 

デザインについても、最新のスマホは殆ど差がありませんね。

昔のガラケーの時代は、折りたたみやらスライドやら、スマホ黎明期には、背面が丸みを帯びていたり、カメラのレンズが馬鹿でかかったりと形が違うので明らかに古いの使ってるな〜とすぐわかりましたが、最近は見た目からはほとんどわかりません。

実際に、P20 liteは前から見ればiphone xとそっくりです。

(ちなみに自分の最初のスマホは東芝製のIS04でした。その色と形、発売当初、爆速で電池が減り、しかも充電ができない仕様から「高級文鎮」というあだ名がついていました。)

ãau ã¹ãã æ±èãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

REGZA PHONEという触れ込みでしたが、ワンセグを起動すると

電池が急速に減り、本来の用途に使えない。

最新のiphone=P20 liteの3台分

A12チップを搭載した最新のiphoneの価格は、10万円を余裕で超えます。

これは、P20 liteが3台買える価格です。

果たして「LINE」をしたり「Twitter」を眺めているだけの自分のような人間に

こんなハイエンドな端末が必要なのだろうか?答えは否です。

7万円以上のプレミアムを払う価値を見出すことは、私にはできませんでした。

 

ãp20 lite ãã©ãã¯ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæãp20 lite ãã©ãã¯ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæãp20 lite ãã©ãã¯ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

これと・・・

 

f:id:yougattamove1:20190121224556p:plain

これが同じ金額・・・

 

ということで、今回の機種変更で長年親しんできたiphoneから離れることにしました。

厳密ではありませんがAppleの営業利益率は27%くらいあるので、払った10万円のうち

2万円分くらいはAppleが持って行ってしまいます。

キャッシュを潤沢に保有していますが、有望な買収先も聞きませんので、使い道はバフェットの思惑である自社株買いによる株主還元になりそうですね。

私は「Apple製品を買わずに浮いたお金でApple株を買う」のような、節約投資家精神で

お金の使い方をコントロールしていきたいと思います。

 

2019年度の投資方針について

f:id:yougattamove1:20190108075337j:image

2019年度の投資方針についてまとめました。

いつも投資方針がブレブレになって、なんだかなぁ…ひとつの事をやり続けられないな。と、反省するところです。

 

という事で初心に帰りつつ、チャレンジ的な要素も含めよう!と言うのが趣旨です。(やりたい事をまとめただけ)

 

私の投資の基本

①国際分散投資(つみたてNISAも活用した、インデックスファンドの毎月積立)

②優良高配当ETFでキャピタル&インカムゲインを狙う(HDV)

 

この、①は毎月の給料から5万円、②はボーナスが出たら10万円を定期的に購入をしています。買い値は気にしません。ここのところの株安で評価損益は下がっていますが、着実に育っております。

 

プラス、

③IPO投資をする

④優良な個別株が割安であれば購入する

⑤優良な高配当銘柄(国内)があれば購入する

 

この3つを追加的な要素でやっていこうと思います。

 

③についてはこの間のソフトバンクのようなIPOや投資法人のような、公募価格より初値が下がる案件には絶対に手を出さないようにします。そして、当選したら初値で必ず売り切ります。

 

④については自分がビジネスを理解できる割安な成長株を見つけることができたら購入したいと考えています。四季報を読んだり、街かどウォッチをしたりしていますが、どうもピンときません。

自分がこの会社の株を買ったら儲かるなとピンとくるのは、外食や小売などB to Cのビジネスモデルの会社だけです。(そして大体PERが鬼高かったり、非上場で買えないパターン)

ピーターリンチ的な株を見つけたいです。

 

⑤については、最終的にはインデックスファンドの取り崩しと併用して、配当金を得ることで生活の足しにしたいと考えています。

インデックスファンドを積立しているだけでは、資産は増えますが、生活がよくなっている実感はなかなか得られないからです。

60歳の時の資産額を1億円にするために倹約生活をずっと続けるよりも、現在の収入源が複数あって、安心できる方が多分幸せです。

複数の収入源の一つとして高配当株購入という選択です。

そのため投資効率は落ちますが、配当再投資はしなくていいと考えています。

 

こんな感じでやっていきたいと思います。

2019年、良い年になりますように。

 

2018年12月分の積立投資を実施

昨日は、ダウが1000ドル以上戻したそうですね。とはいえ、長期的な積立投資では何度も遭遇しそうなのでいつも通りです。

 

今回は、

①eMAXIS slim 米国株式(S&P500)

②eMAXIS slim 全世界株式(オールカントリー)

を積立しました。

バラバラだったスリムシリーズをひとつにまとめて、S&P500はiFREEシリーズから、コストが安いものに設定を変更しています。

 

これで2018年分は終わりましたので、あと19年です。

 

急反発に対する雑感その1(自動売買)

米中問題や年末のポジション整理、パウエル解任疑惑など原因は色々あったと思いますが、株価の急落が起こりました。

と思ったら、昨日はダウが急反発し、1000ドル以上の上げになっています。

ダウが上げたので本日はいつも通り日経平均も追随するでしょうね。

こんなにも大幅に上下するのはアルゴリズムに基づいた自動売買が原因ではと言われています。

長期積立投資には日々の株価の変動は無視なので、影響ありませんが、そもそもの値動きが激しくなってることを知っていると落ち着いていることができそうです。

 

急反発に対する雑感その2

広瀬氏のコラムを読んでいると相場の天井で起きやすいこととして、ブルトラップが挙げられています。

マーケット|SBI証券

2月の大幅な調整からの伸びはこのブルトラップだったのではと考えています。

今回の急反発は、下げ止まってから反発する要因がよくわからないので、先ほどの自動売買とそろそろ下げ止まるから買いだろうという投資家の心理的な側面からなのかと推測しています。

個人的には株価このまま再び強く上昇することにはならず、値動きが激しくなりつつも横ばいで推移し、じわじわ下がっていく…そんな展開を予想しています。

 

国内は2020年はオリンピックもあるので2019年の半ばぐらいから誰もが意識をし始め、消費税が増税し、好景気の終わりを予見することから、日銀のETF買い支えにも関わらず、さらに株価は下がっていく。

そんな感じなのかなと考えています。悲観的です(笑)