こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住30才会社員のインデックス投資&米国ETF投資日記です。

【気になるファンド】iFreeシリーズから「iFreeNEXT」 & 「iFree Active」が登場します。

iFreeNEXT & iFree Activeが登場

「iFreeNEXT & iFree Active」という気になるファンドが大和証券投資顧問委託から2018年1月31日付で新規設定されます。 

ファンドは6本新規設定されるそうですが、大まかに2つのシリーズに分かれるようですね。 

この2シリーズの名称は「iFreeNEXT」と「iFree Active」です。

 

f:id:yougattamove1:20180117213233p:plain

 「iFree Active」は詳細がわからないので、「iFreeNEXT」の2ファンドを見ていきます。

iFreeNEXT FANG+インデックス

・ファンド名  iFreeNEXT FANG + インデックス

・ベンチマーク  NYSE FANG +指数

・信託報酬     年率0.705%(税抜)

 ベンチマークである、「NYSE FANG + 指数」 はFANGを含む10種からなる等ウェイト指数です。この指数は、四半期に1度リバランスを行うことで、均等配分になるように調整されます。

 

構成銘柄は以下の10種で均等配分されています。無配のグロースよりです。

・アマゾン・ドットコム(AMZN)

・ネットフリックス(NFLX)

・ツィッター(TWTR)

・アルファベット(GOOG)

・フェイスブック(FB)

・テスラ(TSLA)

・アリババ(BABA)

・バイドゥ(BIDU)

・エヌディビア(NVDA)

・アップル(APPL)

f:id:yougattamove1:20180117215131p:plain

 

EDINETの有価証券届出書によれば、

次世代テクノロジーをベースに、グローバルな現代社会において人々の生活に大きな影響力を持ち、高い知名度を有する米国上場企業を対象に構成された株価指数

確かに、日本国内に住んでる自分にとっても影響が強い企業ばかりです。

これらの銘柄はS&P500 指数を牽引していますし、ファンドとしても構成銘柄の知名度もあることから人気が出そうですね。今後もこれらの企業群が、社会を牽引していくと判断するなら投資対象にしていいという人は結構いそうな印象です。

もちろん、このファンドを中心にポートフォリオを組むことはできませんので、一部アクセント的な利用方法が前提ですね。

というか、去年あって欲しかった!!(笑)

 

 iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジーインデックス

もう一つは、「NASDAQバイオテクノロジー指数」に連動するファンドになります。

 

f:id:yougattamove1:20180117231608p:plain

同指数に連動するETF「iシェアーズ NASDAQバイオテクノロジーETF」の長期チャートです。比較対象は、水色がS&P500、紫がNASDAQです。2015年頃がピークですね。オバマ政権下医療制度改革で薬価引き下げを迫られた関係で業績不安が契機となり一旦下落相場を迎えましたが、2017から回復基調を見せています。

同ETFの経費率は0.47%ですが、iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジーインデックスの信託報酬0.725%で、2倍近くのコストがかかります。

正直、このETFに投資をする層は、投資信託というツールを使わないと思うのが正直なところです。

 

ところでこの「iFreeNEXT」シリーズの2つのファンドを見てきたのですが、致命的な欠点があります。

それは、信託期間が2028年1月28日までということです。

いやいや、10年間ですか…うーん。

結論で言えば、自分は投資対象には入りません。インデックスと銘打っておきながら限りなくアクティブに近いスマートベータ的な指数を採用しているというのもあります。

(コンセプト的には充分面白いですし、こういったファンドを待っていた方もいるのではとは思います。)

今までのiFreeシリーズとはちょっと毛色が違う商品として認識したほうがいいですね。

 

低コスト投信への一極集中は危険?そんなことはないと思うけれど・・・

f:id:yougattamove1:20180112001642p:plain

低コスト投信への一極集中は危険?

NIKKEISTYLE マネー研究所のセゾン投信の中野社長が連載している「積立王子のヤング投資入門」で低コスト投信への一極集中は危険?という記事がありました。

 

つみたてNISA 低コスト投信への一極集中は危険|マネー研究所|NIKKEI STYLE

 

ちょっと過激なタイトルだな~とは思ったのですが、つまりは、低コスト競争が過激化して事業収益性が見い出せなくなってしまうと中途償還のリスクが高まるので注意!という内容でした。

コストが安い商品を選んで、繰り上げ償還リスクが高まるなら、アクティブ型で国際分散型を選びましょうとお勧めされています。

 

ふむふむ、なるほど。でも、ちょっと違和感です。

 

インデックスファンドは市場平均と連動することを目的としているため、比較が容易です。同ベンチマークへ連動するインデックスファンドならば、①よりコストが低く、②指数との乖離率が低く、③純資産額が多いほどいいファンドです。

つみたてNISAが対象にしている、資産形成をこれから始める人は、乖離率のようなマニアックなことは勘案せず、信託報酬と純資産額の多寡で判断すると思われます。

そうすると、コストが低いファンドへ資金が集中⇒純資産額増加⇒増加したことにより事業収益性が確保でき、より低コストへ⇒更に資金が集中する。ということになります。トラッキングエラーを起こしたニッセイ外国株が、資金を集め続けるのも、実質コスト・乖離率が軽視されていることの裏返しではないでしょうか。

そう考えると、時間が経てば経つほど、ファンド間の格差が開きます。今の流れで言えば、eMAXIS Slimが最強であり続けるということです。

もちろんマーケティングもありますので、この通りとはならないのでしょうが、今後充分にありうることだと思います。中途償還はある程度資産が集まっているファンドを選べば避けることは出来そうですが、やはり心情としては最安ファンドを選択したいですね。

 最後は、厳選されたアクティブファンドをお勧めされていますが、インデックスファンドがここまで信託報酬を下げていると、やはり相対的にコストが高いと気になります。

それにアクティブファンドは、リターンがうまく上がらずにイメージダウンすると資金を集めづらくなる可能性がありますし、他のファンドがいいリターンを上げているのを眺めているのはつらいものです。つみたてNISAいかんに関わらず、アクティブファンドを選ぶのはとても難しいですね。

 

目標のアセットアロケーション

目標のアセットアロケーション(インデックスファンド)

こんにちは、ひねぷーです。

あまり投資方針というのを意識してこなかったため、まとめて置こうと考えました。

目標としているアセットアロケーション(インデックスファンド部分)は以下の通りになります。

リスク資産の60%をコア資産としてインデックスファンドで運用をしていきます。残りの40%はアクティブファンドだったり、個別株、高配当ETFへの投資になります。

 

先進国株式 80%

国内株式    10%

新興国株式 10%

合計100%

f:id:yougattamove1:20180111004434p:plain

 

 

わたしのインデックスの過去20年の実績データによるとリターンは6.2%で、リスクは18.7%です。

債権クラスがありませんので、リスクが高いですが、余裕資金内での投資と割り切り高リスクを受け入れます。

標準的なインデックス投資家のアセットアロケーションは国内債券(個人向け国債10年)が3~40%が入っていて、リターン4%台、リスク10%台が多いと思います。

 

・リスク資産は株式のみで債権ファンドへの投資は行いません。

・各資産の構成割合のかい離許容度は±5%とします。これ以上にかい離した場合は、リバランスを行って調整を行います。

・低コストのインデックスファンドを通じて行います。新規設定されたファンドに対しては、実質コストや指数とのかい離率を考慮したうえで、柔軟に投資を行います。

・投資資金は毎月の給与から一定額を積立します。ボーナス支給時には、上乗せをして積立を行います。自動積立機能を利用して機械的に行います。

 

インデックス投資は資産形成の核(コア)に当たる部分ですので、地道に着実に積立をしていこうと思います。

2018年度はレベル上げの年だ!つみたてNISAをベースに、FX、仮想通貨…色々なことにチャレンジしたい。

f:id:yougattamove1:20180108195319p:plain

2018年度の目標

2018年度の目標についてです。

目標って不思議なもので、年始に決めたとしても日々に忙殺されてしまって、年末にまた思い出して、あああっ!成長してない!ってなることが多いです。

ブログで備忘録を書くことを通じて、振り返りをすることでやりたいことを習慣化できるようにしていきたいですね。

そして、ただの日記ブログですが少しでも有益な情報を提供したいです。

 

投資の目標

投資の目標はもっと幅広く知識と経験を得ることです。

何だか、ざっくりしていますが(笑)

昨年は、インデックス投資を継続しながら、BRK.Bなんかも買っていますし、興味本位で仮想通貨を売買してみました。相場は、好調そのもので証券口座を見てみたらPFの含み益は20%を超えています。まぁ、まだ投資額が少ないので絶対額も少ないのですが、やっぱりうれしいです。

諸先輩方のブログをこつこつ読んで勉強しながらよく感じることは、年なんか関係ないし、すごい人はすごい!!ということです。自分は今30になりましたが、20代でも何千万も運用している方もいますし、教授ですか?ってくらい博識な人もいます。

年齢なんか、関係ないんだー。と知っているつもりでしたが、投資に関わるようになってから特にそう思うようになりました。

インデックス投資をしている身ながらインデックス投資についても知らないことがなかなか多いです。ファンドの運用方法には完全法、準完全法、最適化法、層化抽出法があるのですが、知ったのはついこの間でした。

他にも先物取引を使って、運用を安定させるということは知っているのですが、先物取引がどう作用することによって運用が安定させられるのかということはわかりません。表面的な知識だけではなく、理屈の理解まで踏み込んで知りたいと考えています。

今流行りの仮想通貨や為替についても本当に無知で、取引所間の価格差を狙う方法(アビートラージ)も口座から資金を引き揚げてからから知りました。おいおいそんな方法もあるのか…って感じです。

世の中には、頭のいい人がたくさんいます。なんでそんなことを知っているの?どうしてそんな発想ができるの?同じ人間なの?と思うことが増えてきました。

でもやっぱり、凄い人というのは自信や経験、豊富な知識に裏打ちされているのでしょう。知識や経験があるということは、今まで見えていないことが見えてきたり、普通の人が気がつかないことに気がつくことができるということです。それは大きなプラスです。知識や経験を充実させていくことが今年の目標ですね。

FXや仮想通貨が少額でできるので経験を得るためにはいいなと考えています。

FXはゼロサムゲームだからしない方がいいと言われますが、それで為替と株式の相関関係が体験的に理解できると思いますし、仮想通貨もバブルと言われ続けているのに、また復調しています。

まぁ、うまくやって資金を増やしたいというのが本音ですけどね(笑)

2018年はそんな感じで、やっていきます。よーし、楽しんでがんばろう!

グランイルミを見てきました

f:id:yougattamove1:20180106004650j:plain

「グランイルミ」を見てきました

年末年始はいつものように実家に帰省するのが慣習なので、両親と嫁と子供で「グランイルミ」を見てきました。

「グランイルミ」というのは伊豆ぐらんぱる公園で開催されているイルミネーションイベントのことです。1月以降も開催されていて、東京ドーム2つ分ほどの敷地に約600万球の電球が高密度に敷き詰められています。

イルミネーションと言うと、カップルでイチャコライチャコラ…くそがっ!!散れ!みたいな歪んだイメージを持っているのですが、意外にも家族連れの方が多かったです。

このグランイルミは伊豆ぐらんぱる公園の中にあるので、結構アトラクションがありました。目玉としては、イルミネーションを見ながら長距離のワイヤーロープを滑る「ジップライン」、全長110mがイルミネーションで飾られた長ーい滑り台「ナイトライダー」なんかがあり、子どもも好きそうな感じでしたね。(自分は高いところとジェットコースターがダメなのでやってません)

メインの電飾は見事でした。配色がとてもきれいですし、トップ画像のケーキのような立体的なイルミも多くありました。音楽と電飾とのコラボレーションが10分に1回はありましたし、大満足でした。

チケットは、夜の部で大人ひとり1,500円ですが、ぐらんぱる公園の入り口ではなく、セブンイレブンで購入すると200円引きになります。もっと素晴らしいイルミネーションはあるのだろうとは思いましたが、1,300円でこの満足感なら十分。コスパ高し!という感じという印象です。

アトラクションに乗るのには別途料金が必要ですが、「ジップライン」や「ナイトライダー」なんかは追加料金を払っても満足感が高いだろうなと思いました。

2018年度は背伸びをしないでやっていこう

という感じで、年末はこの「グランイルミ」と、親戚の集まり、子ども関係の集まりで消化したのですが満足度がとても高かったです。

年越しを海外でするのも、将来やりたいことのうちの一つですが、子どもが小さいうちはまだ大変です。きっとやればできるんでしょうが、払った対価に見合う満足感があるのかちょっと確信が持てませんし、振り回される子どもの立場になるともう少し大きくなって楽しめるようになってからの方がいい気がします。

あ、でもオーロラは見に行きたいです。

無理な節約をして生活がギスギスする。市場の好況に調子に乗りリスクを取り過ぎた投資をしてしまう。こなせないような業務内容を自分をよく見せようとして引き受けてしまう。自分のレベルよりはるかに上の試験に挑戦してしまい、最後は子育てに参加せずに勉強に専念し家族に負担をかけてしまう。

昨年の反省点なので今年はそうならないようにプライベートも仕事も投資も、身の丈にあったことを粛々とやっていくようにしていきたいと思います。