ひねおのコツコツ投資日記

30代会社員のコツコツ投資日記です。

paypayデビュー(スマブラ買いました)

一つ前の記事でpaypayに惑わされないと言いましたがあれは嘘です。ごめんなさい。

ボーナスの使い道 - ひねおのコツコツ投資日記

 

早速 paypayアプリをインストールして、ニンテンドースイッチの大乱闘スマッシュブラザーズを買ってしまいました…

(全額キャッシュバックならず、5,901円でゲット)

 

どのみち買うつもりだったので時期が早まっただけです!

「必要な物を必要になった時に、その時一番お得な価格で買う」

これが、今だっただけ!

極めて賢明で合理的な判断…あっぱれです。(皮肉)

 

ちなみにビックカメラ、ヤマダ電機の店頭価格は7,376円(税込)、Amazonは6,705円、 pay payで店頭払いだと5,901円でした。

 

さて、これで「ゼルダの伝説BOW」「スプラトゥーン2」に「大乱闘スマッシュブラザーズspecial」がやらなければいけないゲームリストに加わりました。年末年始に消化できるかな…

 

もう、買いません。

 

ところで明豊ファシリティワークスが501円まで回復してきました。

3年〜5年後に利確するために株価に惑わされないで投資を続ける…難しいです。

インデックス投資は必ず上がる(だろう)という信仰に似た何かが自分の中にあるので、金額ベースでは比較にならないほど多いのにも関わらず、下がる事に対して抵抗なく来れています。

 

 

ボーナスの使い道

7日にボーナスを貰いましたので使い方をば。

まぁ、いつも通りなんですが、

 

①旅行に使う

②スノボに行く

③投資資金として貯める

で、おしまいです。

 

旅行は箱根の温泉に行きます。

スノボはGARA湯沢に行きます。

投資は…半分はインデックスファンドを買い付けて、残りは銘柄物色中です。

明豊ファシリティーワークスがみるみる下がったので、少しフリーズしてます(笑)

 

ボーナスの使い方として、意識して避けているのはモノに対して使わない事です。

大抵の人はボーナスが出ると家電を買ったりすると思うのですが、モノを購入する時は「前使っていたモノが壊れてから」というルールを勝手に設けています。(あまりに貧乏くさかったり、余程陳腐化してしまったら考えますが…)

 

アマゾンのサイバーマンデーや楽天のお買い物マラソン、paypayのキャッシュバックがやってましたが、財布の紐が緩む時に、あえて欲しいものを作りに行っているように思えたので、サイトを見る事も今回はやめました。

 

「必要な物を必要になった時に、その時一番お得な価格で買う」

 

自分は先を見越してお得に買ったりできないのでこの方法がベストだと考えてます。

 

年に2回の旅行は人生のスパイスや思い出づくりとして必要だと考えています⭐️

 

仕事を効率化すると新しい仕事が湧いてくる

職場では雑談もせず基本的には黙々と仕事をするようにしています。

コミュニーケーションが得意ではない…というのもあるのですが、雑談で終わってしまうことって実に多くて、その分アウトプットを増やす事と早く帰ることに集中するためです。

マニュアル化したり、自動化したり、コピペだけで資料を作成できるようにしたり…やったことは色々あります。

そんな訳もあって数年前まで50時間あった残業時間は20時間程度まで減ってます。

 

なのに、なんで仕事増えるかな!

 

下期から会議の資料の5ページ相当を作成する事になりました。

がんばって時間短縮した分だけ他の仕事が入ってくる…残業代手放しているのに。

新しく仕事をしても、その分に応じて給料が増える訳ではなく、なんだかんだで負担だけが増える。

 

税金も同じ。生活費を工夫して減らしても所得税、住民税、社会保険料でがっつり持っていって更に足りないから消費税増税とな。それに走行税…わざわざ走行距離計算して納めるの…?道民や宅配業界死亡で価格転嫁され、余計に消費が減る。

 

平日の夜に子どもに会いたいから必死こいて時短しているのに、それをあざ笑うかのように湧く残業…

サラリーマンってほんとつらい。

 

解決策は…

①もっと時短する。

②暇そうなやつに仕事を振る

③思い切ってその仕事を辞めてみる

 

② はやめよう…更なる犠牲者を呼ぶだけだ。

 

経済的自由の達成。がんばらねば。

 

買った瞬間から下がるっていうのは本当だった件

明豊ファシリティワークスを12月5日に530円で購入したのですが、12月10日には492円になっています(笑)

買った瞬間から下がり続けてます。

投資信託も損益率はほぼトントンで推移していまして、利益が出ているのはバークシャーとHDVのみです。

2019年は利益を出す事が難しい年と言われていますね。

短期の株価の変動は気にしなくてもいいとありますが、市場に引っ張られて株価が下がるとやはり気になってしまうものです。

長期的に個別株を運用するためにはファンダメンタルをしっかり分析して、成長性を加味して、割安性を確認して、充分に自信がなければダメですね。

株価が下がった時に手放してしまう(狼狽売りしてしまう)というのはダメとわかっていても損切りという名目でしてしまうのだなと感じています。

12月14日は四季報の発売日なのでそれが非常に楽しみです。

 

景気後退のシグナル逆イールドが観測されました

高校生のころホームセンターでアルバイトをしていたのですが、その時の仕入れ先にアークランドサカモトがありました。

商品を発注すると青と黄色のコンテナに工具やら何やらが入って納品されるのでそれを品出ししていました。

だから、子会社がアークランドサービスホールディングス「かつや」だと知った時の衝撃ったらありませんでした。

だからか最近は気になる商品やお店があるとすぐその会社を調べるようにしています。(大体非上場…wash&foldとかも調べたのに)

 

そして、昨日は「逆イールド」がトレンドでした。3年債の利回りが5年債を一時上回ったそうで、2年債・10年債がどうなるのかということが注目されています。

逆イールドが観測されるとリセッションの予兆と言われています。リセッション入りまでは1年〜1年半との見方ですが、給料そんなに上がらず、消費税増税・社会保険料負担増、オリンピック終了に加え景気後退と踏んだり蹴ったりでなんだか心配です。

ですが、ドルコストで積立しているインデックスファンドの仕込み時と考えれば投資に関しては長期的に見て悲観的になる事はないと思います。

どちらかというと勤務先が業績悪化で給与や賞与が減額される方が個人的に心配です。笑