こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住20台後半会社員のインデックス&米国ETF投資日記です。

つみたてNISA Meetup in 東京に参加してきました。

f:id:yougattamove1:20171023075106j:image

ずっと気になっていたので初参加してきました。

もちろん、会場のすみっこから見ているだけですが、色々有意義でした。

 

大きく言えば構成は3つ

①つみたてNISAフェスティバル2017のアンケート結果

②職場積立NISA

③職場つみたてNISA

おまけで山崎元さんからのビデオレターです。

 

つみたてNISAフェスティバル2017のアンケート結果

 アンケート結果で気になったのは、資産形成を行う際、信頼できる情報、信頼できない情報のアンケートの結果でした。

信頼できる情報が「インターネットで検索した情報」、信頼できない情報が「金融機関等」になっています。参考とする情報の、トップは「書籍」続いて「ブログ、SNS」です。

自分は大体、ブログを読んでいてお勧めされている本を読んでいます。といっても、ほとんどが好きなブロガーさんの投資手法はそれが反映されているので、原典を当たらなくても真似したらOKだと思います。

興味があったらというやつですね。自分は読んで知識が深まった気になるのが好きです。

 職場積立NISA

 「職場積立(漢字!重要!)NISA」なるものが、2010年から実施されていたらしい。

職場において福利厚生目的のために、天引きにより、定時定額拠出した資金で、対象商品を買う仕組みだそうだ。

導入企業数は6,002社、1社当たりの積立額は約3.7万円(1社に一人しているかどうかくらい)/月となっています。

まったく認知されていないので、この二の舞にならないようにするのが今回のMeetupの目的であるのかな?

 

職場つみたてNISA

f:id:yougattamove1:20171023075117j:image

詳しいことは、資料の通りですが、ひと言でいえばあっせんのようなものかなと。

自分はこの普及に対して大いに賛成です。

米国での金融資産の比率の話や、401Kの普及、長期的に右肩上がりの市場においての成功体験がリテラシーの高さを生み出しているのではないかという話もありました。

自分の職場に限って言えば、DCの投資教育はDBからの切り替え時に一回だけ。その後、中途入社の人に対しては、人事の方からの説明が入社時に一回だけ。と言ったところです。

初めての人にアクティブファンドを勧めまくっています。。。

 

ライフワークマネーバランスという、言葉が登場して、素敵だなって思いましたが、従業員の福利厚生の一環として企業が本腰入れないと、従業員まで届く教育に至らないのかな…と感じました。

 

自分もDCから入ったクチなので、企業評価に従業員に対する資産形成のサポートの有無というを入れて、企業側に行うべき義務のような形にしてしまうとか…ある程度の強制力が必要なのかなとか思いました。

 

ビデオレター

他には山崎さんのビデオレターがとても面白くて笑いました。職域NISAでは、囲い込みをされて、手数料が高額のファンドしか選択できないようになってしまうからと反対派でしたが、つみたてNISAのラインナップだったらいいんじゃないかと前言撤回!笑

ビデオの中しかいないのに、すごい存在感でした。くる予定だったとのことでお目にかからなくて残念でした。

また、機会があれば参加したいですね。

 

 

【SBI証券】つみたてNISAで投資できるアクティブファンドの中で最も好成績はファンドは。

10月11日にSBI証券にてつみたてNISAの商品ラインナップが更新されていました。自分が投資している商品は当初から含まれていたので、あまり気にしていなかったのですが、思いのほかアクティブファンドが多くあり、びっくりしました。その数は現在のところ10種類です。 

 

委託会社 ファンド名 信託報酬(税込)

コモンズ投信 

コモンズ30ファンド

1.0584%以内

損保ジャパン日本興亜

アセットマネジメント 

ハッピーエイジング30(ハッピーエイジング・ファンド) 

1.566%

ハッピーエイジング40(ハッピーエイジング・ファンド) 

1.3824%

大和住銀投信投資顧問

大和住銀DC国内株式ファンド

1.026%

レオス・キャピタルワークス

ひふみプラス

1.0584%以内

日興アセットマネジメント

年金積立Jグロース(愛称:つみたてJグロース)

0.8856%

ニッセイアセットマネジメント

ニッセイ日本株ファンド

1.08%

フィデリティ投信 

フィデリティ・欧州株・ファンド

1.62%

フィデリティ・米国優良株・ファンド

1.6092%

三井住友トラスト・アセットマネジメント

世界経済インデックスファンド

0.54%

※SBI証券ホームページより抜粋 このなかで、自分になじみがあるのは「ひふみプラス」と「世界経済インデックスファンド」です。このラインナップの中では、信託報酬は安い方ですね。他のファンドに詳しくないというものあるのですが、この中で最もリターンがよかったアクティブファンドはどれなのかを調べてみました。

 

ひふみプラスを基準にしたリターンの比較

f:id:yougattamove1:20171019001343p:plain

f:id:yougattamove1:20171019001523p:plain

f:id:yougattamove1:20171019001646p:plain

モーニングスターのリターン比較機能を使ってみました。

5つまでしか比較できないため、表が3つに分かれています。その中で、現在積立中である「ひふみプラス」を基準に比較をしてみました。期間は3年までしかできませんでした。(もっといいサイトがあったら誰か教えてください…)

アクティブファンドの意味はよいリターンを得ること。その1点だけだと思います。 カテゴリーが、国内小型グロースだったり、国内大型バリューだったり、安定成長だったりするので単純比較はできないのですが、この3年間の限って言えば、投資家に最もよいリターンをもたらしたのは「ひふみプラス」でした。

結構、圧倒的なリターンで驚いています…

株式市場はこの10年ほど、中小型に資金流入→その資金で株価押上げ→好パフォーマンスを見てさらに資金流入のサイクル(現在)と、中小型から資金流出→その売却で株価押下げ→低パフォーマンスを見てさらに資金出のサイクル(今後)を繰り返す。いったん逆回転が始まるとなかなか歯止めが効かなくなる。中小型に乗るなら資金流入が続いているしばらくの間だけと割り切り、「いつでも飛び下りられる姿勢が必要」

とモーニングスター社のニュース(2017/6/12)でもある通り、中小型株式はリターンを稼げる一方、下げもきついです。この好成績はこの時期だけなのかもしれません。

 

そして、2日前のブルームバーグでこんなニュースがありました。

www.bloomberg.co.jp

兼ねてから、話があった、外国株式の組入れです。

成長性が無い国内大型株を売却して、米国株を買い増す方針なので、更なるリターンが望めると自分は考えています。なので、このまま毎月の積立を続ける方針です。

 

自分は、アクティブファンドに投資すると、やはりほったらかしにはできないなと思うので、(そのファンドのニュースが気になってしまう)コアな部分は黙ってインデックスファンドに投資した方が精神衛生上よさそうで続けられると思いますね。

会社とはビジネスライクに付き合って行きたい

f:id:yougattamove1:20171018082841p:image

投資をはじめてから意識が変わったことがあります。それは、会社とはビジネスライクに付き合って行きたいということです。

 

急に仕事の話になるのですが、日本は生産性が低いと言われています。算出方法で変わったりするのでしょうが、感覚的に概ねその通りだなと思います。

日本的な経営というのがありますが、自分はそこに非効率さの元凶があると考えています。

つきあい残業という言葉がありますが、それが最たるものです。個々人の役割が明確に定められていないため起こる現象なのでしょう。

自分の勤務先もこの日本的な経営風土が蔓延しています。

 

この間も、全社的な会議があったのですが、その準備をする部署の人がたった1人で土日出勤して準備したということが美談のように語られました。会社のみんなのためにここまでできるのはすごいことだといった、そんな具合です。

 

自分もすごいなーと思って聞いていたのですが、ちょっと待てよと。

 

確かにしっかり準備をすることはあまり前ながら凄いと思いますが、1人で準備をすることになってしまった、その現象自体がおかしいです。そして、起きてしまったことに対して対処した人が褒められるという構図もおかしい。

 

なんで、こんなことが起こってしまったかというと、役割が決まっていないからなんですね。役割を割り振る人、指揮を取る、進捗状況が適切か管理する人がいない状態でした。

 

マネジメント不足です。

 

本来なら、人手不足であればその部門の責任者が、他部署の責任者に掛け合って応援をしてもらうなりが正しい対処法です。

みんな自分の仕事で一生懸命なので、他部署の進捗状況の把握などできません。

 

なのに、歩み寄りだとか、助け合いだとか美しい言葉でマネジメント不足の責任をうやむやにすべきではありません。ただの苦労自慢の話です。そして、それを手伝わなかった人が悪いかのように語ることに幻滅しました。

 

この理屈だと気づいた人は、ずっと仕事をすることになります。責任も曖昧で、業務がパッケージされないため、引き継ぎも上手くいかず、さらなる残業をもって解決することになります。

 

ですが、次の一言はなんと「時間生産性を考えて行動しよう」でした。え?ですよね…

 

で、最初のビジネスライクな付き合いをしたいという話になるわけです。

 

会社員としての自分を4つの財布のうちのひとつであることを意識するとこういった矛盾も、どうでもよくなります。

 

まだ、4つ揃えることはできていませんが、コツコツ頑張って行きたいと思います。

 

 

アセットロケーションの構築セオリーについて

自分が知っているアセットロケーションの構築方法について記していきたいと思います。

方法は2つあると理解しています。

 

一つは、山崎式と勝手に呼んでいます。

株式(外国・国内)と債券(個人向け国債)を組み合わせたアセットアロケーションを作るとして、最も値上がりが見込める、資産クラスを一番節税効果が高い非課税口座で運用をします。

現在、節税効果が高い順に、確定拠出年金、NISA、課税口座とありますが、具体的に言えば、外国株式インデックスファンドを確定拠出年金で運用、TOPIX連動インデックスファンドをNISA口座で運用、債券クラスは課税口座で運用するということです。

資産全体に対し、どの口座を当てはめていくかというもので、非常に理にかなっています。

ですが、これを実行しようとすると、トータルの口座で管理が必要になってしまうのがネックになります。

個人的な感想で言えば、投資が好きな人は好んでできるでしょうし、四六時中考えれると思いますが、一般人の資産形成と考えると少し手間だと思ってしまいます。

 

もう一つの方法はカン式と呼んでいます。(インデックス投資アドバイザーのカンチュンド氏)その方法は、すべての口座の資産配分を同等にするというものです。

 

確定拠出年金もNISAも課税口座もすべて同じ配分です。リバランスも同様に行います。

かなりの方が2号保険者だと思われますので、月額2.3万、ないしは2万円が確定拠出年金の拠出上限額です。これを上回るようだったら次はNISA口座から埋めていき、NISAも埋めることが出来たら、課税口座といった具合です。

 

口座毎に残高は違いますが、資産配分は同じのため、わかりやすいのが特徴です。デメリットとしては、非課税の恩恵を十分にいかせないことです。

 

どちらも一長一短はありますが、個人的に好きなのはカン式です。なぜなら投資が好きな人でないと山崎式は続けられないと思うからです。

 

一方、自分はNISA口座と確定拠出年金の口座を保有していますが、振り返ると…

 

NISA口座

f:id:yougattamove1:20171002004855p:plain

確定拠出年金

f:id:yougattamove1:20171012232033p:plain

 

説得力がありませんね 笑

 

家賃交渉は必ずしよう。3千円の値引きに成功しました。

f:id:yougattamove1:20171010131402j:image

10月末に新居に移ることが確定しました。

理由は、子どもが増えたことで部屋が手狭になったこと。大きな声を出すので、木造アパートでは近所迷惑になる。といったところが主な理由です。

ただ、3LDKの間取りのRCマンションを駅近で借りようとすると思いの外家賃が高く、日当たりがいい、駅まで高低差が少ない、車通りが少ない、カーシェアが近い、保育園が近いなど色々条件をつけると中々なく、候補に上がったのは家賃90,000円、共益費5,000円で合計95,000円の物件でした。

 

基本的に自分は値引きをできない人間で、適正価格を価格コムなどで比較して言うことはできますが、家賃は比較対象がないので値引きはできないだろうな…と考えていました。

すると、代理店の方から「値引きお願いしてみましょうか?2,000円ならなんとかになるかもです。」と頼もしいお言葉が!交渉の結果、3,000円下げて頂き、92,000円になりました。

 

年間にすると、36,000円の大幅値引き、本当にありがたいです。まぁ、自分で交渉してないんですが…笑

 

とにかく、これで、76,200円から62,000円(実質)まで家賃が下げることができました!

 

あとから、担当者の方に値引きのコツを聞いてみたところ、まず第1に物件の空室がどれだけ続いていたかを見てみることと教えてくれました。大家さんの立場からすれば、常に満室がいいに決まっていますので、多少値引きしても取りに行きたい心理はあるとのこと。そこをお願いすれば最低でも検討はしてくれるようです。

 

これからも賃貸生活を続けていくつもりなので、このへんのポイントは覚えて置こうと思います。

 

この間、キャリアスマホをやめ、格安SIMを契約し、保険は会社の共済、車はなし、ルームシェアで家賃を削減と固定費がグングン下がっています。他にできる改善点は食費や光熱費、キャンペーンを利用した、WIMAX代の削減くらいでしょうか。

 

入居したら賃貸マンションですが、電力会社を東京電力から変更できないか、確認ですね。