こつこつインデックス投資で資産形成

千葉在住30才会社員のインデックス投資日記です。

eMAXIS Neo【宇宙開発・ロボット・遺伝子工学】はAI運用のインデックスファンド

f:id:yougattamove1:20180811160826p:plain

eMAXISシリーズからeMAXIS Neoという新しいシリーズ出ています。

現在、3ファンドが出ていますが、全てテーマ型の投資信託になります。

「宇宙開発」、「ロボット」、「遺伝子工学」という3つのこれから伸びるであろう第4次産業革命分野に対し、AIで運用を行う革新的なファンドです。

この3つのファンドはkensho社のインデックスと連動します。

kensho社は聞きなれませんが、ビックデータと機械学習による市場分析サービスを行なっている米国企業です。

eMAXIS Neo 宇宙開発はkensho space index と連動

eMAXIS Neo ロボットはkensho robotics index と連動

eMAXIS Neo 遺伝子工学はkensho genetic engineering indexと連動しています。

 

信託報酬は0.72%税抜になります。

 

記憶に新しいNEXT FANGインデックスの信託報酬が0.705%税抜きなので、テーマ型投資信託の信託報酬というのはこのくらいの水準のようですね。

(インデックスと最近名前がついているのが多いですが中身はアクティブファンド…)

 

kensho space index は 2016年6月27日に設定された指数です。

f:id:yougattamove1:20180811150934p:plain

指数設定日から上昇を続けています。

指数設定日以前はバックテストの数値によるものです。

以下が組み入れ上位10位になります。

Symbol Company Weight
AJRD Aerojet Rocketdyne Holdings 5.09%
TDY Teledyne Technologies Incorporated 4.85%
CACI CACI International Inc 4.68%
EGL Engility Holdings 4.60%
UTX United Technologies Corporation 4.34%
HEI HEICO Corporation 4.30%
MRCY Mercury Systems 4.14%
HRS Harris Corporation 4.09%
HXL Hexcel Corporation 4.05%
BA The Boeing Company 3.99%

続いて、kensho robotics indexです。

宇宙産業もそうですが、現在ロボット技術市場は約250億円、2026年には5倍になると言われています。

成長市場に大きく賭けるというのがこのファンド群のコンセプトですね。

f:id:yougattamove1:20180811152955p:plain

指数設定日は宇宙産業と同日です。以下が組み入れ上位10位になります。

Symbol Company Weight
TRXC TransEnterix 6.54%
IRBT iRobot Corporation 5.18%
OMCL Omnicell 5.03%
JBT John Bean Technologies Corporation 4.64%
TER Teradyne 4.26%
ISRG Intuitive Surgical 4.18%
AXDX Accelerate Diagnostics 4.06%
GMED Globus Medical 3.86%
LECO Lincoln Electric Holdings 3.82%
BRKS Brooks Automation 3.79%

 続いて、kensho genetic engineering indexです。指数設定日は2016年9月1日です。

f:id:yougattamove1:20180811153806p:plain

組み入れ上位10は以下の通りです。

Symbol Company Weight
SLDB Solid Biosciences Inc. 3.83%
MNK Mallinckrodt Public Limited Company 3.43%
SRPT Sarepta Therapeutics 3.25%
RGNX Regenxbio Inc. 3.08%
XNCR Xencor 2.82%
MDCO The Medicines Company 2.79%
FATE Fate Therapeutics 2.76%
GILD Gilead Sciences 2.66%
CDXS Codexis 2.63%
QURE uniQure N.V. 2.61%

 

この3つのファンドは純資産総額3億円からのスタートです。

テーマ型のファンドですが、信託期限は無期限で設定がされていました。

個人的な感想ですが、おそらくどのファンドを購入してもリターンは見込めそうです。

信託報酬が0.72%と若干高めに設定されていますが、AIが運用するアクティブファンドととらえれば普通に許容できる水準かと思われます。

私が疑問な点はこういったテーマ型ファンドは誰に需要があるのだろうか?という点です。

市場規模がこれから大きくなるとわかっている分野に投資をすればリターンを得ることができることはわかります。

ただ、1つの成長市場がどのような状況にさらされていて、どういったリスクがあって、今後の展望はどうなるというのがわからないと多額の資金を投じることはできないと思います。

つまり、ある特定の成長市場がなぜ成長しているのかをきちんとリサーチして確信を得ることができないと投資するには怖すぎます。(少なくとも自分はそうです)

そのリサーチをきちんと行ってきた方は、テーマ型投信を選ばずに、リサーチした知識を元に個別株に投資をします。

そのため、誰に需要があるのかわからないと言わせていただきました。

ひとつ思いつくのは、十分にリサーチもしてこの成長分野に投資したいけれど、同じ分野内で分散もしておきたい…というところでしょうか。

投資する場合には、純資産残高の集まり具合に注意が必要かもしれません。

 

25歳で資産運用?眠たいこと言うなよ。DMM亀山会長からのアドバイス

f:id:yougattamove1:20180804074536j:image

いきなり衝撃的なタイトルから始まってしまいました。

資産運用をしている若年層にとってはかなりショッキングな言葉です。

この「25歳で資産運用?眠たいこと言うなよ。」は、DMM亀山会長の新R25のインタビューでの発言になります。

資産運用をしている身としては言葉の通りに受け取るとちょっとムッとしますね。(自分はもう30歳ですが)

言葉の一部を切り取って解釈するのは、間違いのもとですので前後関係を抜粋します。

 

亀山さん:
若いうちから資産運用なんてありえないよね。

だって、自分で仕事やったほうが稼げるじゃない。

渡辺:
ありえないとまで言いますか。

亀山さん:
資産運用は誰がやるかっていうと、金を持ってても自分で増やせない人。

財産はあるけど年取ったからもう仕事は無理だなとか、もう隠居してゆっくりしたいなって人がやるもんだよ。


やはり大物ほど率直にモノを言う

渡辺:
資産運用してる人たちを敵に回しそうな発言ですね…

亀山さん:
だって資産運用とか株とかっていうのは、どこかの会社に金を入れて増やしてもらうってこと。

要は稼ぐことを誰かに任せるっていう話じゃない。

渡辺:
まぁ、そうですね…そういう見方をすれば。

亀山さん:
その道のプロを目指すの?

それなら話は別だけど、たいていは本業の片手間に貯金を増やそうと思ってやってるだけじゃん。

渡辺:
…そうですね。

亀山さん:
そういう運用をしてると意識高く感じるかもしれないけど、若いうちはそんなことに時間を割くよりも、自分の価値を上げることを頑張ったほうがいい。

25歳なんてこれから本格的に仕事をしようっていう大事な時期なのに、そんなときに資産運用なんて、なに眠たいこと言ってんだって話だよ。

はい。単純に資産運用を批判している訳ではありませんでした。

若いうちは時間もお金も本業に投資をして、稼ぐ力を身につけなさいと言うことです。

若いうちはそんなに資産がありません。

例えばボーナスで投資信託を買うのならば、それを自己投資にあてろということです。

なぜならばそっちの方が投資効率がいいから。冷たい言葉に聴こえて非常に合理的な判断です。

ちなみに、25歳の頃の私は、金融資産への投資でもなく、自己投資にも使っていませんでした。何に使っていたのかは………思い出せないwww(どアホです)

 

この企画は他にも面白い方が登場しています。ホリエモン、ZOZOの前田社長など、新しい時代の人に焦点を当てているようです。

自分のようなクソ庶民とはバイタリティーが違うことを思い知らされる瞬間でもあります。

気になったら読んでみて下さい。インタビュアーの方への態度が毎回面白いです。

 

本記事に関して、個人的な意見としては、本業でスキルを磨いて稼ぐ力を養っている間にインデックス運用をするのは賢いと考えます。

手間がほとんどかからず、経済やビジネスに興味が出て、その5年、10年の運用期間の差で将来的に複利効果で大きな違いが出ます。

起業を視野に入れていても、サラリーマンとして働き続けるとしても、どちらにしてもメリットはかなり大きいです。

本業を全力でやる+資金を自動運用+節約生活

やりたいこと、好きなことをやりながら資産を最大化する最強の方程式です。

 

お金を稼ぐということは、その仕事が世の中に提供した価値の対価

大好きなブログの1つにgrowth rich slowlyというブログがあります。

公認会計士資格をお持ちの経理マンのHiroさんが運営されているブログです。同い年ながら憧れの方でもあります。

そのブログに、「お金を稼ぐということは、その仕事が世の中に提供した価値の対価」だという記述がありまして、これが深く印象に残っています。

まったくもってその通りです。

経理…事務仕事をしていると仕事の成果がはっきりわからないことが多く、また、会社において比較的受動的な立場で仕事を進めてしまうことが多いです。

そういう時にはつい否定的な言葉が出てしまったりします。

そういう時にこの、「お金を稼ぐということは、その仕事が世の中に提供した価値の対価」という言葉を思い出せるように努めています。(悪口や批判は価値を産まない、言うだけ損。)

利益というものはすなわち価値です。

なぜ株式投資で儲けることができるのかを考えると、それは成功するかわからない事業にリスクを取って資金を託すという価値の対価からきています。

人気があるブロガーさんの記事は役に立ちます。新たな気づきや知識、ハウツーを教えてくれます。それは世の中からみて価値が高いから人気が出るわけです。

Amazonがこれほどまでに巨大企業になったのも顧客至上主義を徹底して顧客に価値を一貫して提供し続けたからです。

こういう風に考えていくとDMMの亀山会長の言葉も違った意味で聞こえてきます。

「資産運用という形を取らなくても、人的資本を使うことでもっと世の中に価値が提供できる。そちらに時間と資金を使った方が投資効率がいい。そっちに力を使おう。25歳はそういう大切な時期だよ。」

今はこの言葉を聞いてもまったくムッとしなくなりました(笑)

 

本ブログも拙いながら、読んで頂ける方に価値を提供できるよう、日々頑張っていきたいと思います。

2018年7月分の積立投資

f:id:yougattamove1:20180731075755j:image

7月分の積立投資を実施しました。

つみたてNISAは月額33,333円(年間400,000万円)までの非課税枠になっています。

自分は毎月30,000円をつみたてNISAで積立して、端数を7月と12月のボーナス月に設定しているため、今月は少し多めに積立しています。 

 

積立一覧と損益率

eMAXIS slim 国内株式(topix) +0.67

eMAXIS slim 先進国株式    +7.01

eMAXIS slim 新興国株式    −2.27

iFREE S&P500インデックス     +8.71

ひふみプラス    +1.84

 

iFREEが値下げされる様子はなさそうなので、ある程度純資産残高が集まったらeMAXIS  slim 米国株式に切り替えをします。

 

インデックス投資は貯金感覚でいいのか

ツィッターで「インデックス投資は貯金感覚でいいか、いけないか」というのが議論になっていました。

自分の結論から言えば、インデックス投資は貯金と同じです。

正しく言えば、「高金利の貯金の様な側面しかまだインデックス投資を知らない」です。

先駆者の方々はしきりにリスク許容度について教えてくれてます。

ですが、ここ2〜3年ではじめた人にとっては入金したら勝手に増えていく側面しか知りません。

頭ではわかっているけど、感覚的にわからないと言ったところでしょうか。

だからこそ、投資の勉強・情報収集をし続ける必要があるのだと思います。

この先、暴落が起きたり、下落相場に突入した時に飄々とした顔で淡々と積立できるメンタルと知識(信念?)が必要です。

2018年9月~「tsumiki証券(予定)」が口座開設がスタートします。

2018年9月から「tsumiki証券(予定)」が口座開設がスタートします。

この「tsumiki証券」は積立投資専門の証券会社で、株式会社丸井グループが事業を行います。

何といっても目玉はクレジット払いで毎月5万円を上限につみたてNISA対象の投資信託を購入できることです。

1回払いなので金利手数料もかかりません。これは日本初のスキームだそうです。

クレジットポイントも付くと思うので結構いいんじゃないでしょうか。

また、年間の積立金額や積立期間に応じてエポスポイントもプレゼントするとのこと。

 「tsumiki=積み木」とはのことで「こつこつ・ゆっくり・自分のペースで」資産形成を行っていただきたいという思いが込められています。

エポスカードに加入している657万人の半数が2~30台の女性で、長期的に資産形成のサポートをしてお金の心配・不安を取り除くということです。

商品ラインナップ

コモンズ投信 「コモンズ30」

純資産残高 14,850百万円

信託報酬  1.0584%(税込/年率)

国内の上場会社の内長期的に成長が見込めると思われる30社に対し集中投資。

30年後の未来を見据えて高い成果を狙います。国内株式のみのアクティブファンドです。

f:id:yougattamove1:20180728214921p:plain

f:id:yougattamove1:20180728220516p:plain

国内大型株30社で構成されていますので、比較対象はTOPIXです。TOPIXと上回る成績を出し続けています。同じカテゴリーのファンドと比較すると標準偏差が低いです。

セゾン投信 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」

純資産残高 165,825百万円

信託報酬  0.68%(税込/年率)

世界中の株式と債券に50:50の比率で投資を行います。株式・債券とも市場の時価総額を基準に資産配分を決定します。バンガード社のファンドを通じて投資する為、ファンドオブファンズ形式で運用がされています。

f:id:yougattamove1:20180728221610p:plain

f:id:yougattamove1:20180728221721p:plain

モーニングスターより

債券を50%含んだポートフォリオなのでコモンズ30と比較してしまうとリターンは芳しくありません。インデックスファンドっぽいですが、アクティブファンドになります。

債券を50%含んだ運用を保守的すぎると考えるかどうかは好みが分かれるところだと思います。

セゾン投信  「セゾン資産形成の達人ファンド」

純資産残高 66,211百万円

信託報酬  1.35%(税込/年率)

セゾン投信からは2ファンドが選ばれています。同様にファンドオブファンズ形式の運用ですが、セゾングロバラは債券を50%含んでいたのに対し達人ファンドでは株式約100%での運用になります。

f:id:yougattamove1:20180728222923p:plain

f:id:yougattamove1:20180728223210p:plain

モーニングスターより

このセゾン投信の2ファンドは信託財産留保額が0.1%かかります。

レオス・キャピタルワークス「ひふみプラス」

純資産残高 637,824百万円

信託報酬  0.8424%(税込/年率)

みんな大好きひふみ投信です。純資産残高の伸びは圧倒的で、国内中小株だったファンドは外国株式にも投資を始めています。組み入れ上位はV(ビザ)とAMZN(アマゾン)です。経営方針や戦略、財務指標等から成長企業を発掘し投資を行う、まさしくアクティブファンドです。自分もこのファンドだけは毎月積立をしています。

f:id:yougattamove1:20180728224635p:plain

f:id:yougattamove1:20180728224704p:plain

リターンは「tsumiki証券」の4ファンドの中でも圧倒的です。

 マルイ店頭でのセミナーが魅力だと思います

webと店頭の融合を果たすということで、マルイ店頭でのセミナーや相談窓口が提供されるとのことです。これは今までにありそうでなかったサービスだよなと思います。

投資のセミナーにいくというとどうしても身がまえますが、マルイはどこにでもありますし、ちょっと行って相談しようかな…ということで、一気に門戸が広がる予感がしています。特に女性の方が、お金に対して堅実だと思うので、狙いとしてはとてもいいのではないかなと感じます。

商品ラインナップの中にインデックスファンドがないのは残念ですが、これはダメでしょうというファンドはありません。

すごく普段の生活と長期投資が密着している印象を受けました。

今までなかった形態のtsumiki証券が若年層に対してどういう影響を与えるのかが注目です。

 

スマートスピーカーAmazon echoから見るシェア獲得の方法

f:id:yougattamove1:20180728072943j:image

この間のプライムデーでスマートスピーカーの「echo dot」を購入しました。

購入価格は2,980円です。

ですが、8月1日からタイムセールということで、3,240円での販売が継続されるようです。

アマゾンは当初紹介制でしか販売していなかったスマートスピーカーを一般販売しはじめ、現在は通常価格からすると破格で売り出しています。

全世界的なシェアではAmazonが首位、Googleがそれを追いかける形となっていますが、日本国内では逆転しています。販売が早かったGoogleをAmazonが追いかける形となっています。

タイムセールによる値引き販売の継続は、国内シェア拡大への強い意志です。

Amazonがスマートスピーカーを熱心に売るのには理由があります。

ひとつめは、デバイスを販売すること自体で収益を上げること。

ふたつめは、家庭に普及すれば音声注文により、eコマース事業が強化できること。

(webサイトより、スマートフォン(アプリ)経由での注文が多いです。人は楽な方に流れて行くのですね。)

みっつめは、スキル開発を通じてサードパーティー業者を集め、その業者がAWSの有料契約を使用することによるクラウド事業の強化をすること。

Amazon含めハイテク企業はその技術力もさることながらビジネスモデルが優れていると感じます。

特に、サードパーティー業者を集めるやり方はは、Amazonだけではなく、サードパーティー側にも利益があります。

この圧倒的な利便性と、こちらが得られる利益を考えるとAmazonがつくる経済圏に頼って生活するということは賢い選択です。

プライム会員は加入しないことが愚かで、馬鹿馬鹿しい選択だと顧客から思われるようなサービスを目指していて、北米ではその価値は約400ドルとも言われています。

今回の決算も好調なAmazonはとどまることを知りません。

というよりはジェフベゾスが経営権を握っている限りは止まらないと思います。

というわけで、ワンタップバイでAmazonを購入してみようかと考えています。

FANGの中でも別格…ビジネスモデルを調べていくとその発想に畏怖さえ覚えます。